酸素欠乏危険作業主任者 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 建築・土木 » 酸素欠乏危険作業主任者

酸素欠乏危険作業主任者

下水道の敷設工事やトンネルの掘削工事など、密閉された空間で人間が作業する際には「酸欠」の危険がともないます。こうした地下工事における人命の安全確保について正しい知識と技能を身につけた専門家が酸素欠乏危険作業主任者で、厚生労働省が認定する国家資格であり、特定の作業現場での必置が義務づけられています。資格は講習および修了考査によって取得することができます。受講に実務経験などは必要ありません。

酸素欠乏危険作業主任者資格の難易度偏差値

酸素欠乏・硫化水素(旧二種) 酸素欠乏(旧一種)
偏差値0 偏差値0
判定不能
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 酸素欠乏危険作業主任者講習 修了
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

酸素欠乏危険作業主任者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 特になし 必置資格 ★★★★ 特になし

酸素欠乏危険作業主任者試験概要

受験資格 不問
※18歳以上とする教習機関もある
試験内容 酸素欠乏危険作業主任者技能講習(旧一種)
・学科
 ・酸素欠乏症及び救急蘇生法に関する知識
 ・酸素欠乏の発生原因及び防止措置に関する知識
 ・保護具に関する知識
 ・関係法令
・実技
 ・救急蘇生の方法
 ・酸素濃度の測定方法
・修了試験

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習(旧二種)
・学科
 ・酸素欠乏症、硫化水素中毒及び救急蘇生法に関する知識
 ・酸素欠乏、硫化水素の発生原因及び防止措置に関する知識
 ・保護具に関する知識
 ・関係法令
・実技
 ・救急蘇生の方法
 ・酸素濃度及び硫化水素濃度の測定方法
・修了試験
合格率 ほぼ100%
願書受付期間 都道府県により異なる
試験日程 都道府県により異なる
受験地 都道府県労働局長登録教習機関
受験料 受講料および教材費は教習機関により異なる
例)

受講料:
19440円
教材費:
2160円
合格発表日 都道府県により異なる
受験申込・問合せ 各都道府県の労働局
ホームページ 都道府県労働局長登録教習機関
http://www.celsa.or.jp/