警察官 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク


警察官

街の治安を守る警察官になるためには、国家公務員試験を受けて警察庁に採用されるケースのほか、各道府県の人事委員会による警察官採用試験を受けて地方公務員として勤務するケースがあります。受験資格や試験内容は道府県により異なりますが、合格後は警察学校にて警察官に必要な知識や技能を習得します。採用後、巡査から昇進してゆき、警視正の階級になると国家公務員へと身分が切り替わります。

警察官資格の難易度偏差値

偏差値50
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ○○県警察本部 警察官 拝命
所轄・主催:
各道府県の警察本部
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

警察官資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
採用試験 特になし 特になし ★★ 独学 通学 通信

警察官試験概要

受験資格 道府県により異なる
試験内容 道府県により異なる
合格率 道府県により異なる
願書受付期間 道府県により異なる
試験日程 道府県により異なる(年2~3回程度)
受験地 道府県が指定する会場
受験料 なし
合格発表日 道府県により異なる
受験申込・問合せ 各道府県の警察本部、警察署、交番または駐在所、人事委員会事務局
ホームページ