警察官 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク


警察官

街の治安を守る警察官になるためには、国家公務員試験を受けて警察庁に採用されるケースのほか、各道府県の人事委員会による警察官採用試験を受けて地方公務員として勤務するケースがあります。受験資格や試験内容は道府県により異なりますが、合格後は警察学校にて警察官に必要な知識や技能を習得します。採用後、巡査から昇進してゆき、警視正の階級になると国家公務員へと身分が切り替わります。

資格詳細
日本の警察官は、危険な犯罪から私たちの安全や生命を守ってくれる公務員です。普段「警察官」と呼んでいますが、警察法により「国を守る警視庁」と「都道府県を守る都道府県警察」に分かれています。勤務時間は24時間体制で、休日に出勤になることがあり、何より危険にさらされる可能性もある仕事です。

活躍場所
警察官が活躍する場所は、幅広くあり白バイ乗務員、機動隊、刑事、交番勤務、交通事件事故の捜査などが主な仕事部門です。交番勤務は、地域のパトロール、道案内、ストーカー対策など市民の助けになれる仕事で、新人の警察官が経験を積むために配属されることもあります。

収入と将来性
公務員としての安定性、将来性もあることからとても倍率の高い職業です。給料は勤務内容、役職、都道府県により差はありますが、一般の会社員に比べて危険を伴うことがあるため、多めの金額となっています。警察学校に通っている時からお給料をもらえるのもメリットです。サイバーテロ、麻薬などの事件が増えている現状からも、国の安全、市民の安全を守るために欠かせない警察官は、ますます必要性が高まっています。

向いている人
警察官の仕事は、国や住民の安全、財産を守るお仕事です。他人を助けるには、思いやる気持ち、犯罪者と闘う体力、正しい判断をする冷静な気持ちが必要となります。不規則な勤務や張り込みなど、体力を使う場面が多いため、自分の体調管理も大切です。いざという時に機敏に動ける運動神経、動じないメンタルの強さも求められます。また、困っている人を助ける優しさや、思いやりの気持ち常に持っている「正義感の強い方」は、警察官に向いていると言えるでしょう。さまざまな場面に遭遇する仕事なので、素早い冷静な判断も欠かせません。

取得方法
警察官の警察官採用試験を受験するには、高校を卒業していることが条件です。次に男性、女性ともに身長、体重、胸囲の条件があり、視力の検査もあります。1次試験では教養試験、論文試験、適性検査があり、柔道、剣道などの資格や語学、簿記の試験に合格していると1次試験の成績に加点してもらえます。難易度は、中学生レベルですが簡単な試験ではないのでしっかりと問題集を解いておくと良いでしょう。2次試験は、面接試験、体力試験、身体試験、健康診断があり合格すると採用候補者名簿に名前が記載されてから全寮制の警察学校に入学することになります。警察署や警察庁では採用セミナー、個別相談会を行なっているので、参加しておくと情報を仕入れることができます。



警察官資格の難易度偏差値

偏差値50
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ○○県警察本部 警察官 拝命
所轄・主催:
各道府県の警察本部
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

警察官資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
採用試験 特になし 特になし ★★ 独学 通学 通信

警察官試験概要

受験資格 道府県により異なる
試験内容 道府県により異なる
合格率 道府県により異なる
願書受付期間 道府県により異なる
試験日程 道府県により異なる(年2~3回程度)
受験地 道府県が指定する会場
受験料 なし
合格発表日 道府県により異なる
受験申込・問合せ 各道府県の警察本部、警察署、交番または駐在所、人事委員会事務局
ホームページ