警備員 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク


警備員

社会のさまざまな場所で人々の安全を守る警備員。試験に合格した人の多くは、警備保障会社に勤務し、施設やイベントなどの警備だけでなく、空港や危険物の運搬警備などもおこないます。登録講習機関による講習を受講する場合、修了後には学科試験と実技試験が免除されます。

資格詳細
大小さまざまな商業施設や集合住宅、工場、駐車場、工事現場などで、人びとの安全を見守る警備員は、日常生活を安心して送る上で、警察よりも身近に頼れる存在です。建物の内外や人の大勢あつまる場所、または人の目が行き届かない場所などを監視し、事件や事故の発生を未然に防止するのが主な職務です。警備員になるために特に資格は必要ありませんが、国家資格として「警備員検定試験」があり、業界で高い信用を得ているほか、特定種別の警備業務は検定合格者にしかおこなえない場合があります。

活躍場所
警備員の活躍場所は、デパートやショッピングモール、テーマパークなどの大型商業施設をはじめ、大型マンションやイベント会場、空港など、大勢の人が利用する場所。あるいは駐車場や工事現場など、事故の発生リスクが高い場所です。警察ほど強力な装備や権限はありませんが、その場の秩序を維持するのに充分な能力を有しており、特に防犯や事故防止に大きな効果を発揮しています。人びとの生活や娯楽が安全かつ安心して送れるために、警備員の存在は欠かすことができません。

収入と将来性
治安のよさで世界に知られる日本ですが、地下鉄サリン事件以降、大規模テロへの警戒心が高まりつつあります。昨今の国際的なテロの流れからはいくらか距離を置いているものの、その脅威と無縁でないとの意識はもはや日本社会の一般認識となっています。こうした変化にしたがい、民間の警備員の重要性もまた高まっており、とりわけ警備員検定試験に合格するようなスペシャリストの需要が増しています。警備員としてキャリアを積み、高収入を目指すのなら、警備員検定の国家試験はぜひパスしておきたい関門です。

向いている人
警備員と一口に言っても、その仕事は多岐にわたっており、一日中ただ座っているだけというような職場もありますが、やはり基本的には「体が資本」の職業です。夜勤や危険な場所の巡回など、過酷な労働環境に耐えられるだけの体力がなければつとまりません。また、人びとの安全を守るという使命をまっとうするために、強い責任感も求められるでしょう。商業施設などでは、お客さんへの対応も必要になる場面があるので、人あたりのよさが求められることもあります。

取得方法
警備員検定の取得方法には2つのパターンがあります。都道府県の公安委員会が実施する検定を受験するか、登録講習機関が実施する講習を受けて修了考査を受験するかです。いずれも試験は、実技試験を含む専門的な内容であるため、独学でいきなり挑戦できるような試験ではありません。警備会社などに就職して経験を積んでのち、警備員特別講習事業センターや航空保安警備教育システムが実施する登録講習を受け、修了考査に合格して取得するのが現実的な方法です。



警備員資格の難易度偏差値

各種1級 各種2級
偏差値49 偏差値46
簡単
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 施設警備業務検定○級 合格
平成○年○月○日 交通誘導警備業務検定○級 合格
所轄・主催:
各都道府県公安委員会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

警備員資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 専門的資格(良) 業務独占・必置資格 ★★★★★ 講習

警備員試験概要

受験資格 全業務検定共通
1級:
2級合格者で当該業務に1年以上の実務経験を持つ現職警備員
2級:
不問
試験内容 警備業務検定(警備員検定)には、以下の6種類があり、それぞれ1級と2級の等級がある。種類と等級を選んで受験する。

施設警備業務検定
(1級・2級)
警備業務対象施設における破壊等の事故の発生を警戒し防止するための警戒業務を実施するために必要な知識・能力を問う。(旧・常駐警備業務検定)

交通誘導警備業務検定
(1級・2級)
工事現場その他、人、又は車両の通行に危険のある場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務(交通の誘導に係る者に限る)を実施するために必要な知識・能力を問う。

雑踏警備業務検定
(1級・2級)
人の雑踏する場所における負傷等の事故の発生を警戒及び防止する業務(雑踏の整理に係るものに限る)を実施するために必要な知識・能力を問う。

貴重品運搬警備業務検定
(1級・2級)
運搬中の現金・貴金属・有価証券・美術品等に係る盗難等の事故の発生を警戒、防止する業務を実施するために必要な知識・能力を問う。

核燃料輸送警備業務検定
(1級・2級)
運搬中の核燃料物質等に係る盗難等の事故の発生を警戒、防止する業務を実施するために必要な知識・能力を問う。

空港保安警備業務
(1級・2級)
空港その他の飛行場において航空機の強取等の事故の発生を警戒し、防止する業務(航空機に持ち込まれる物件の検査に係るものに限る)を実施する上で必要な知識・能力を問う。
合格率 64.3%(2級)
願書受付期間 毎月
※都道府県の公安委員会により異なる
試験日程 毎月
※都道府県の公安委員会により異なる
受験地 都道府県の公安委員会により異なる
受験料
施設警備業務検定:
16000円
交通誘導警備業務検定:
14000円
雑踏警備業務検定:
13000円
貴重品運搬警備業務検定:
16000円
核燃料輸送警備業務検定:
16000円
空港保安警備業務:
16000円
合格発表日 毎月
※都道府県の公安委員会により異なる
受験申込・問合せ 都道府県の公安委員会
ホームページ