認知症ケア専門士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 介護 » 認知症ケア専門士

認知症ケア専門士

高齢者の増加とともに認知症をわずらう人も増加し、現在、日本に300万人をかぞえるほどとなっています。認知症患者およびその家族には手厚いケアが必要ですが、それを専門にするのが2005年に創設された認知症ケア専門士の民間資格であり、今後の福祉社会でますます重要性が高まる認知症ケアの知識と技能を認定する資格です。日本認知症ケア学会が実施する試験(1次・2次)に合格することで取得できますが、2次試験に進むためには1次試験の4分野すべてに合格する必要があります。

認知症ケア専門士資格の難易度偏差値

偏差値40
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 認知症ケア専門士 登録
所轄・主催:
一般社団法人日本認知症ケア学会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

認知症ケア専門士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 専門的資格(優) 特になし ★★★ 独学 公式テキスト

認知症ケア専門士試験概要

受験資格
1次試験

認知症ケアに関連する施設、団体、機関などにおいて過去10年間に3年以上の認知症ケアの実務経験を有する者

2次試験

1次試験4分野すべてに合格した者で、認知症ケアに関連する施設、団体、機関などにおいて過去10年間に3年以上の認知症ケアの実務経験を有する者
試験内容
1次試験:
4分野
・認知症ケアの基礎
・認知症ケアの実際I 総論
・認知症ケアの実際II 各論
・認知症ケアにおける社会資源

2次試験

論述:
事例問題に対する論述
面接:
6人グループでの面接
合格率 非公開
願書受付期間
1次試験:
3月上旬~4月中旬
2次試験:
8月下旬~9月下旬
試験日程
1次試験:
7月上旬

2次試験

論述:
8月下旬~9月下旬
面接:
11月下旬
受験地
1次試験:
札幌・仙台・幕張・名古屋・京都・小倉
2次試験:
札幌・仙台・東京・名古屋・神戸・博多
受験料
1次試験:
3000円(1分野につき)
2次試験:
8000円
合格発表日
1次試験:
8月
2次試験:
1月
受験申込・問合せ 一般社団法人 日本認知症ケア学会 事務センター
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4-1-1オザワビル(株)ワールドプランニング内
TEL:03-5206-7565/03-5206-7431 FAX:03-5206-7757
ホームページ 一般社団法人日本認知症ケア学会
http://www.chihoucare.org/