認定ファシリティマネジャー(CFMJ) - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » ビジネス » 認定ファシリティマネジャー(CFMJ)

認定ファシリティマネジャー(CFMJ)

ファシリティマネジメントとは、企業や団体などが使用する全施設資産およびその利用環境(ファシリティ)を経営戦略的視点から総合的かつ統括的に企画・管理・活用する経営活動のことです。ファシリティを有効活用することで、従業員や顧客の満足度が向上し、知的生産性が高まることにもつながります。この環境運用の専門家資格として、日本ファシリティマネジメント協会が認定するファシリティマネジャー(CFMJ)があります。

資格詳細
ファシリティマネジメントとは、企業や各種団体が、保有または使用する施設における全ての資産や利用環境を経営戦略的な視点から総合的かつ統括的に企画、管理、活用する経営活動のことです。また、ヒト、モノ、カネ、情報に次ぐ第5の経営資源とも言われます。この認定ファシリティマネジャーは、1997年に公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会が主催するファシリティマネジメントの専門家の認定資格制度として開始しました。試験に合格して登録をすることにより「認定ファシリティマネジャー(CFMJ)」の称号を得ることができます。

活躍場所
ファシリティマネジメントを直訳すると施設管理となりますが、この仕事は、単なるビル管理ではありません。土地、建物、設備だけではなく経営、業務、環境なども含めてマネジメントすることが主業務になります。具体的には、オフィスビル、商業施設の中長期修繕計画策定、設備診断、設備更新計画や施設の統括管理に関わる業務スキームの検討、業務改善の推進などです。よって、この資格保有者の活躍できる場所としては、ビル管理会社、建設会社、不動産会社、大学および一般企業などの施設運営・管理部門などがあげられます。

収入と将来性
ファシリティマネジメントとは、1980年代にアメリカで生まれた経営管理方式です。その後、日本に持ち込まれましたが、近年、資産の有効活用、IT環境の飛躍的な整備、企業の社会的責任などの環境変化が起きています。その結果、ファシリティマネジメントの目的であるファシリティの全体最適化とその効果である設備投資・施設運営費の最小化、利用者の満足度と生産性の最大化などに関心が寄せられています。そこで、あらためて認定ファシリティマネジャーの資格が認識されていますが、保有資格者は決して多くありませんので、この資格を保有することで、今後の収入のアップにも期待が出来るでしょう。

向いている人
認定ファシリティマネジャーには、次の知識・能力が求められます。①ファシリティマネジメントの統括マネジメント、戦略・中長期計画立案、プロジェクトマネジメント、ファシリティマネジメント業務に関する知識・能力。②ファシリティマネジメントのための社会性、人間性、企業性、施設、情報の関連知識。③利用者の満足度の調査・分析、品質分析・評価、ファシリティコスト・投資の財務分析・評価、需給対応・施設利用度の分析・評価、企画立案、プレゼンテーションの技術があげられます。このようなことから、この資格に向いている人は、マネジメントスキル、ヒューマンスキル、テクニカルスキルの3つのスキルをバランスよく持ち合わせている方が望ましいでしょう。

取得方法
試験は、年に一度実施されます。受験資格の学歴・年齢・性別などの制限はありませんが、登録に際しては、一定の要件を満たす必要があります。試験科目は、次の4区分です。①ファシリティマネジメントの概要②ファシリティマネジメントの実務Ⅰ③ファシリティマネジメントの実務Ⅱ④論述です。受験対策としては、当協会発行の「総解説 ファシリティマネジメント」および「総解説 ファシリティマネジメント 追補版」をしっかり読みます。そして「認定ファシリティマネジャー資格試験問題集」を解くのが最善です。また、受験対策の強化には、当協会主催のセミナーやスクール参加も選択肢のひとつだと思います。



認定ファシリティマネジャー(CFMJ)資格の難易度偏差値

偏差値54
普通

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 認定ファシリティマネジャー(CFMJ) 取得
所轄・主催:
公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

認定ファシリティマネジャー(CFMJ)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

認定ファシリティマネジャー(CFMJ)試験概要

受験資格 不問
※ただし資格新規登録には学歴に応じた実務経験が必要
試験内容 ・FMの概論
 ・FM全体にわたる知識および概要
 ・FMに関わる社会情勢全般
・FMの実務 I
 ・統括マネジメント
 ・戦略
 ・中長期実行計画
 ・プロジェクト管理
 ・運営維持
 ・その他
・FMの実務 II
 ・目標管理と財務評価・品質評価・供給評価
 ・利用者満足度評価
 ・その他
・論述
 ・実際のFMを行う上で必要な問題抽出能力・問題解決能力
 ・相手に理解してもらうための表現力・提案力・説得力
合格率 43.90%
願書受付期間 4月上旬~5月中旬
試験日程 7月上旬
受験地 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・金沢・広島・高松・福岡
受験料 21600円
※合格後、登録手数料として10800円が必要
合格発表日 9月上旬
受験申込・問合せ 公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-13-6 浜町ビル6階
TEL:03-6912-1177 FAX:03-6912-1178
ホームページ 資格試験 - JFMA 公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会
http://www.jfma.or.jp/qualification/page3.html