証券アナリスト(CMA・日本証券アナリスト協会検定会員) - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 金融 » 証券アナリスト(CMA・日本証券アナリスト協会検定会員)

証券アナリスト(CMA・日本証券アナリスト協会検定会員)

日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)は、証券投資の分野において、高度な専門知識と分析技術を駆使して各種情報の分析や投資価値の評価をおこない、アドバイスや管理サービスを提供するプロの証券アナリスト。専門化が進む証券業界で活躍するために、ぜひ取得しておきたい民間資格です。通信講座を修了したあと、検定試験に合格することで認定されますが、3年以上の実務経験も求められます。

資格詳細
証券アナリストとは、証券投資の世界で高度な専門知識と分析技術をもちい、さまざまな情報の分析と投資価値の評価をおこない、投資家への助言や投資管理サービスを実施する金融のエキスパートのことです。証券アナリストを認定する資格はほかにもありますが、ここでは公益社団法人の日本証券アナリスト協会が認定するCMA(Chartered Member of Association)について解説します。

活躍場所
証券アナリストが活躍するのは、証券会社や銀行、信託銀行、保険会社などの金融業界がメインですが、最近は一般企業にも活躍の場をひろげ、財務部門やIR部門などで証券知識と分析能力が活用されています。アナリスト業務そのものは、無資格でも可能ですし、この資格がすなわちアナリストとしての優秀さを示すというわけではありません。しかしながら、社会的信用の面で、証券アナリストの資格は金融や証券、財務関係のキャリアにおいて必須となっています。そしてこの資格が、就職や転職に有利になることは言うまでもありません。

収入と将来性
金融制度の自由化や市場の国際化および多角化などにより、証券市場が混沌の度合いを深めるなか、たしかな道しるべを示せる存在として、証券アナリストはますますその必要性を高めており、将来性については不安のない業種です。ただし個人が成功できるかどうかはその人の能力次第というシビアな職業でもあります。しかし、たしかな分析で顧客の信用を得れば得るほど、収入も高まってゆくという、非常にやり甲斐のある仕事です。

向いている人
証券アナリストは、経済に明るく、計算に強い人に向いています。また、トレンドに敏感で、常に新しい情報をキャッチできる好奇心や探究心も欠かすことはできません。試験に出題される問題は、高度な証券知識や複雑な数学を含むため、大学で関連科目を学んでいると有利になります。顧客との応対が求められる職場を希望する場合には、みずからの分析を説得力をもって相手に伝えられるコミュニケーション能力も必要になってきます。

取得方法
日本証券アナリスト協会認定の証券アナリスト(CMA)の場合、試験は同協会の通信教育講座を受講した人が対象となります。1次試験と2次試験があり、1次では「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」「財務分析」「経済」の3科目、2次ではさらに「職業倫理・行為基準」が加えられた4科目でおこなわれます。特に「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」と「職業倫理・行為基準」に力点が置かれた内容となっています。同協会では通信講座の「証券アナリスト基礎講座」も実施しているので、まずはこの講座から受けて証券の基礎を理解しておくとよいでしょう。



証券アナリスト(CMA・日本証券アナリスト協会検定会員)資格の難易度偏差値

偏差値62
難関

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 証券アナリスト 取得
所轄・主催:
公益社団法人日本証券アナリスト協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

証券アナリスト(CMA・日本証券アナリスト協会検定会員)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 キャリアアップ(優) 特になし ★★★ 独学 通信 公式テキスト

証券アナリスト(CMA・日本証券アナリスト協会検定会員)試験概要

受験資格
第1次レベル:
不問
第2次レベル:
第1次レベルで3科目の試験に合格した者
試験内容 各レベルの通信講座を受講後、試験に合格することで取得できる。証券分析業務の実務経験3年以上が必要。

第1次レベル

・証券分析とポートフォリオ・マネジメント
 ・証券分析とポートフォリオ・マネジメントの基礎
 ・証券市場の機能と仕組み
 ・計量分析と統計学
 ・現代ポートフォリオ理論
 ・企業のファンダメンタル分析
 ・株式分析
 ・債券分析
 ・デリバティブ分析
 ・ポートフォリオ・マネジメント・プロセス
・財務分析
 ・証券アナリストと財務分析
 ・主要な財務諸表
 ・企業会計の仕組み
 ・収益の測定
 ・費用の測定
 ・その他の主要会計分野
 ・財務諸表分析の基礎
 ・株式価値評価モデル
・経済
 ・経済活動と経済分析
 ・経済学のための数学
 ・消費者行動と企業行動
 ・市場均衡と市場の失敗
 ・ファイナンスのためのミクロ経済学
 ・マクロ経済学の基礎
 ・金融と財政
 ・マクロダイナミックス
 ・国際収支と為替レート

第2次レベル

・証券分析とポートフォリオ・マネジメント
 ・計量分析と統計学
 ・株式ポートフォリオ戦略
 ・債券ポートフォリオ戦略
 ・デリバティブと投資戦略
 ・投資政策 - プロセスと実行
 ・アセット・アロケーション
 ・オルタナティブ投資
 ・国際証券投資
 ・投資パフォーマンスの測定と評価
 ・信用リスクモデル
 ・行動ファイナンス
・コーポレート・ファイナンスと企業分析
 ・コーポレート・ファイナンス
 ・財務会計をめぐる諸問題
 ・IFRSの財務諸表
 ・企業分析に係る諸問題
 ・企業分析(ケース)
・市場と経済の分析
 ・ファイナンスのためのミクロ経済学
 ・国際マクロ経済学
 ・日本の証券・金融市場
 ・経済動向予測と金利予測
 ・日本経済・金融の諸問題
 ・国際経済・金融の諸問題
合格率 47.5%(第1次)
願書受付期間
通信講座

第1次レベル:
4月~1月
第2次レベル:
6月上旬~・11月上旬~
試験日程
通信講座

第1次レベル:
6月~1月
第2次レベル:
8月~3月

試験

第1次レベル:
4月中旬・9月下旬
第2次レベル:
6月上旬
受験地
通信講座:
自宅
試験:
東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・金沢・広島・松山・福岡
受験料
通信講座

第1次レベル:
55500円(3科目一括)
第2次レベル:
52500円

試験

第1次レベル

・証券分析とポートフォリオ・マネジメント:6200円
・財務分析:3100円
・経済:3100円
第2次レベル:
8200円
合格発表日
試験

第1次レベル:
6月上旬・11月上旬
第2次レベル:
7月下旬
受験申込・問合せ 公益社団法人 日本証券アナリスト協会
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町2-1 東京証券取引所ビル5F
TEL:03-3666-1511 FAX:03-3666-5843
ホームページ 講座・試験 | 日本証券アナリスト協会
http://www.saa.or.jp/curriculum/index.html