視能訓練士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 福祉 » 視能訓練士

視能訓練士

視能訓練士は、病気や事故などによって両目の視覚機能が低下した人に矯正訓練を指導することで機能の回復をサポートする仕事です。目のリハビリの専門家として、検査や検診なども実施することがありますが、それらも常に眼科医の指示のもとでおこないます。女性が多いのもこの資格の特徴です。

資格詳細
視能訓練士とは、眼科の病院にかよう患者さんに対して、医師の指導のもとで目の一般検査をおこなったり、斜視や弱視の視能矯正訓練をほどこしたりする仕事です。また、集団検診や視力低下者のリハビリテーションも主要な業務としています。昭和46年に制定された視能訓練士法にもとづく資格であり、厚生労働大臣が免許を発行する国家資格となっています。一般的な知名度はあまりありませんが、高齢化社会においてニーズが高まっている有望な医療資格です。

活躍場所
視能訓練士の主な活躍場所は、眼科のある病院や診療所などです。かつては斜視や弱視の視能訓練という専門分野に業務が特化していましたが、現在では、眼科一般の視能検査にまで業務が拡大しており、仕事の内容は多様です。視能検査では、視力や視野、屈折、調節、色覚、光覚、眼圧、眼球運動などなど、目のさまざまな機能をチェックします。問題があれば、医師による治療と、視能訓練士による矯正やリハビリテーションがほどこされます。

収入と将来性
視能訓練士は、眼科医の指示のもとで業務をおこなうので、独立開業はできませんが、反面、安定した収入を見込むことができます。将来性においても安定感がある上に、社会の高齢化にともなってニーズが増大しています。加齢に起因する視力障害や、糖尿病、高血圧などの生活習慣病による視力障害に悩む人が増えており、眼科だけでなく総合リハビリ施設からの求人も増えています。有資格者は1万人を超え、今後も需要は伸びると予想されています。

向いている人
人体、とりわけ目の働きに興味のある人に向いています。また、眼科の患者さんは乳児から後期高齢者まで幅広いため、どんな年代の人にも対応できるコミュニケーション能力が欠かせません。特に目の障害は精神面への影響が大きいので、矯正やリハビリにあたっては患者さんの心を励ませるような行動が必要になります。医療の世界で働く人間としての責任感も重要ですし、基本的に医師とのチームワークになるので協調性も重要になります。

取得方法
視能訓練士の国家試験の受験資格を得るためには、全国に25校ある視能訓練士養成施設(大学または養成所)に入学し、専門的な知識や技能を修得して卒業するのが一般的です。必要な修学期間は、高校卒業後に養成施設で3年以上、または看護師や保育士の養成機関(大学や短大)卒業後に1年以上となっています。国家試験は「基礎医学大要」「基礎視能矯正学」「視能検査学」「視能障害学」「視能訓練学」の5科目からなる筆記試験です。



視能訓練士資格の難易度偏差値

偏差値40
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 視能訓練士免許 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

視能訓練士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 専門的資格(良) 業務独占資格 ★★★★★ 通学

視能訓練士試験概要

受験資格 ・大学に入学することができる者で、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した視能訓練士養成所において、3年以上、視能訓練士として必要な知識および技能を修得したもの(3月までに修業または卒業する見込みの者を含む)
・大学または視能訓練士法施行規則に掲げる学校もしくは養成所において2年以上修業し、かつ外国語、心理学、保健体育、生物学、物理学、数学(統計学を含む)および教育学、倫理学、精神衛生、社会福祉または保育のうち2科目の各科目を修めた者であって、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した視能訓練士養成所において、1年以上、視能訓練士として必要な知識および技能を修得したもの(3月までに修業または卒業する見込みの者を含む)
・外国の視能訓練に関する学校もしくは養成所を卒業、または外国で視能訓練士の免許に相当する免許を受けた者であって、厚生労働大臣が上記に掲げる者と同等以上の知識および技能を有すると認定したもの
ほか
試験内容 ・基礎医学大要
・基礎視能矯正学
・視能検査学
・視能障害学
・視能訓練学
合格率 73.50%
願書受付期間 12月中旬~1月上旬
試験日程 2月下旬
受験地 東京・大阪
受験料 15800円
合格発表日 3月下旬
受験申込・問合せ 視能訓練士国家試験臨時事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋1丁目20番5号
TEL 03(5200)5861
ホームページ 視能訓練士国家試験の施行|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/shinoukunrenshi/