航空従事者試験 航空機関士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 航空・船舶 » 航空従事者試験 航空機関士

航空従事者試験 航空機関士

航空業務として飛行機の運用にたずさわる人は、「航空従事者」と呼ばれ、国土交通大臣から航空従事者技能証明を取得している必要があります。航空従事者は、その職務ごとにいくつかの種類に分かれています。

航空従事者試験 航空機関士資格の難易度偏差値

飛行機・ヘリコプター・飛行船 滑空機
偏差値67 偏差値67
難関
難関

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 航空機関士 取得
所轄・主催:
国土交通省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

航空従事者試験 航空機関士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 就職や転職にかなり有利 業務独占資格 ★★★★★ 独学

航空従事者試験 航空機関士試験概要

受験資格 ・18歳以上
・100時間以上の実地練習
試験内容 飛行機・ヘリコプター・飛行船
学科試験

・航空力学並びに重心位置計算
・機体知識
・発動機知識
・装備品知識
・航法
・航空気象
・航空通信
・航空法規
実地試験

・機体・発動機・装備品の取扱・検査
・重量・重心位置計算
・発動機制御及び燃料計算
・故障の際の措置

滑空機
学科試験

・航空工学
・航空気象
・空中航法
・航空通信
・国内航空法規
実地試験

・装備品取扱・整備・検査
・重心位置計算
合格率 非公開
願書受付期間 試験日の約2カ月前に公示
試験日程
学科試験

7月・3月

実地試験

学科合格通知日から2年以内の希望日
受験地 東京・大阪・那覇
受験料
学科試験

5600円

実地試験

52300円
合格発表日 実地試験合格者に文書で通知
受験申込・問合せ 国土交通省 航空局安全部運航安全課
〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
TEL 03-5253-8111
ホームページ 航空:航空従事者関連 - 国土交通省
https://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000292.html