自動車運転免許 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 自動車・車両 » 自動車運転免許

自動車運転免許

もっとも一般的な国家資格であろう自動車運転免許。多くの人が経験しているとおり、教習所に通ってから受験するのがポピュラーですが、直接、試験場で受験するのも不可ではありません。第1種運転免許は個人向けの自家用車の免許で、第2種運転免許は乗客を運ぶ営業用車両などの免許です。

資格詳細
数ある国家資格のなかでも、もっとも人気があり、もっとも有資格者が多いのが、この自動車運転免許でしょう。第1種と第2種に大別され、それぞれ、普通自動車、中型自動車、大型自動車、大型特殊自動車、牽引に細分され、第1種ではさらに、普通自動二輪車、大型自動二輪車、小型特殊自動車、原動機付自転車が加わります。第1種は一般的な運転免許ですが、第2種は、タクシーやバスなど、報酬を得て人を輸送するために必要となる免許です。

活躍場所
クルマやバイクを運転して公道を走るためには、自動車運転免許がなければなりません。有資格者の活躍場所は、公道上のあらゆる場所と言ってよいでしょう。第1種は、通勤や買い物に利用する自家用車、営業まわりなどに使う社用車、そして国内の物流をになうトラックなどの運転に欠かせません。第2種は、タクシーやバスなど、旅客輸送のための自動車を運転するのに必須の免許です。なお、車両系の建設機械や移動式クレーンなどは大型特殊自動車に分類されますが、運転免許はあくまで公道を走るための資格なので、これらの操縦には他の資格が必要になることがあります。

収入と将来性
クルマ社会となって久しい現代の日本では、自動車免許は必ず役に立つ資格であり、将来性についてもまったく不安のない資格だと言えます。免許をどう役立てるかは人それぞれですが、職種によっては必須資格となりますし、自動車がなければ通勤できない職場も少なくありません。自動車運転免許は確実に仕事の幅を広げる資格だと言ってよいでしょう。そしてまた、この汎用性の高さから、就職や転職において有利となりやすい資格でもあります。

向いている人
性格や運動神経、反射神経の個人差により、自動車の運転に向き不向きはありますが、免許の取得までにかかる時間が短く済むか長引くかのちがいでしかないと言ってよいでしょう。教習所での教育も手厚いので、老若男女を問わず、時間さえかければ、だれでも取ることができる国家資格です。また、就職に有利になるので、就職をひかえた学生さんにおすすめの資格でもあります。18歳の誕生日を目前にしたら、ぜひ普通免許の取得を検討してみましょう。

取得方法
自動車運転免許を取得するのに、もっとも一般的な方法は、自動車教習所に通うことです。指定自動車教習所で運転を習い、卒業検定に合格すれば、運転免許試験場での技能試験を免除されます。教習所に通わずに、運転免許試験場での試験にのぞむこと(いわゆる一発試験、飛び込み試験)も可能です。なお、免許の種類によって受験資格年齢が異なる点に注意が必要です。原付、小型特殊、普通二輪は16歳以上、大型二輪、大型特殊、普通は18歳以上、中型は20歳以上、大型は21歳以上となっています。

自動車運転免許資格の難易度偏差値

偏差値35
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 普通自動車第○種運転免許 取得
所轄・主催:
各都道府県公安委員会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

自動車運転免許資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 趣味実用 特になし ★★★★★ 通学

自動車運転免許試験概要

受験資格
第一種運転免許

大型:
21歳以上で3年以上の運転経験を持つ者
中型:
20歳以上で普通免許・大型特殊免許のいずれかの免許を取得後2年以上経過した者
普通・大型特殊・大型二輪・仮免許:
18歳以上
普通二輪・原付・小型特殊:
16歳以上
牽引:
18歳以上で自動二輪・小型特殊・原付以外の免許を取得している者
※小型特殊は原付以外の免許で運転可能
※自衛官は大型・中型が19歳以上で取得できる

第二種運転免許

21歳以上で、第一種の免許いずれかを取得後3年以上、または他の第二種免許を取得している者
試験内容 大型自動車免許(第一種)
適性検査:
視力・深視力・色彩能力・聴力・運動能力
学科試験:
マークシート95問(文章問題90問、イラスト問題5問)
技能試験:
教習所の卒業検定とおおむね同内容

中型自動車免許(第一種)
適性検査:
視力・深視力・色彩能力・聴力・運動能力
学科試験:
マークシート95問(文章問題90問、イラスト問題5問)
技能試験:
教習所の卒業検定とおおむね同内容

普通自動車免許(第一種)
適性検査:
視力・色彩能力・聴力・運動能力
学科試験:
マークシート95問(文章問題90問、イラスト問題5問)
技能試験:
教習所の卒業検定とおおむね同内容

大型特殊自動車免許(第一種)
適性検査:
視力・色彩能力・聴力・運動能力
学科試験:
マークシート95問(文章問題90問、イラスト問題5問)
技能試験:
教習所の卒業検定とおおむね同内容

大型自動二輪車免許(第一種)
適性検査:
視力・色彩能力・聴力・運動能力
事前審査:
車体引き起こし・スタンドのかけ方、戻し方・車体の支え方・取り回し
学科試験:
マークシート95問(文章問題90問、イラスト問題5問)
技能試験:
教習所の卒業検定とおおむね同内容

普通自動二輪車免許(第一種)
適性検査:
視力・色彩能力・聴力・運動能力
学科試験:
マークシート95問(文章問題90問、イラスト問題5問)
技能試験:
教習所の卒業検定とおおむね同内容

小型特殊自動車免許(第一種)
適性検査:
視力・色彩能力・聴力・運動能力
学科試験:
マークシート48問(文章問題46問、イラスト問題2問)

原動機付自転車免許(第一種)
適性検査:
視力・色彩能力・聴力・運動能力
学科試験:
マークシート48問(文章問題46問、イラスト問題2問)

牽引免許
適性検査:
視力・深視力・色彩能力・聴力・運動能力
学科試験:
マークシート95問(文章問題90問、イラスト問題5問)
技能試験:
教習所の卒業検定とおおむね同内容

第二種運転免許(大型・中型・普通・大型特殊・牽引)
適性検査:
視力・深視力・色彩能力・聴力・運動能力
学科試験:
マークシート95問(文章問題90問、イラスト問題5問)
技能試験:
教習所の卒業検定とおおむね同内容

仮運転免許(大型・中型・普通)
適性検査:
視力・深視力・色彩能力・聴力・運動能力
学科試験:
マークシート50問
技能試験

※仮免許は第一種の大型・中型・普通免許の技能試験(公道上)を受けるために必要になる
合格率 72.10%
願書受付期間 随時
試験日程 随時(年末年始を除く平日)
受験地 全国各地
受験料 第一種
大型:
9750円(3650円)
中型:
9750円(3650円)
普通:
5100円(3850円)
大型特殊:
6650円(3800円)
二輪:
6650円(3800円)
小型特殊:
3550円
原付:
7750円
牽引:
6650円(3800円)

第二種
大型・中型・普通:
9700円(3800円)
大型特殊・牽引:
6650円

仮免許
大型・中型・普通:
5650円

※金額は直接受験の場合
※()内は教習所卒業者の場合
合格発表日 即日
受験申込・問合せ 地元の警察本部運転免許課・免許試験場・自動車教習所
ホームページ 運転免許 :警視庁
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/submenu.htm