臨床心理士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 福祉 » 臨床心理士

臨床心理士

現代社会は、医療の進歩により身体の問題が多く解決された一方で、ストレスなどによる「心」の問題が深刻化しています。臨床心理士は、そうしたメンタルの健康問題を、臨床心理学の知識や技能によってケアするハートの専門家。日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格することで取得でき、心理専門職であることを証明できます。

資格詳細
臨床心理士とは、かなり総称的な呼称で、「患者や相談者に心理療法をほどこす人」すべてを指すと見てよいでしょう。具体的には、カウンセラーやサイコセラピスト、臨床心理技術者、心理相談員などが含まれます。臨床心理士が取り扱う内容も、子どもの登校拒否やイジメの悩み、大人の無気力や鬱、介護疲れや夫婦間の不和などなど、じつに多岐にわたります。これら現代社会の「心」の問題をケアするのが臨床心理士の使命です。

活躍場所
臨床心理士の働く現場としては、総合病院や大学病院の精神科、リハビリテーションセンター、各種カウンセリングルーム、児童相談所などの医療・福祉関連施設が一般的です。また、警視庁や少年鑑別所などで非行少年や犯罪者の心理分析を担当することもあります。あるいは「命の電話」や「暴力110番」などで知られる電話相談にて、相談者の悩みや苦しみを救う場合もあります。

収入と将来性
臨床心理士の収入は、就職先によって差があります。病院やカウンセリングルームといった医療施設では、安定収入が見込め、高収入が得られる場合もあります。一方、電話相談などはまだまだボランティアも多く、収入が得られたとしても謝礼程度にとどまることが少なくありません。現状、臨床心理の分野はまだ社会的に発展途上と言えるかもしれませんが、核家族化や少子化により、人びとの孤独感が増すなかで、今後は確実に需要が高まる分野でもあります。

向いている人
臨床心理士は、どの職場であれ、他人の心に踏み込むお仕事です。患者や相談者ひとりひとりの心の問題に触れるため、相手の身になって考えることができる人でなければ、まったくつとまらない仕事だと言ってよいでしょう。その一方で、科学者でもありますから、相手の心理を冷静に分析できるクールな頭脳も必要になります。プライバシーの最たる「心」をあつかう仕事ですので、強い責任感と細心の注意力が欠かせません。

取得方法
臨床心理士は公的資格であり、公益財団法人の日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格することで取得できます。受験資格として、臨床心理士養成カリキュラムを組む指定の大学院または臨床心理学専門職大学院を修了した者、あるいは医師免許を取得して2年以上の心理臨床経験を積んだ者だけが受験できます。1次試験では筆記試験が実施され、多肢選択方式と論述方式で構成されています。1次で一定以上の成績をおさめれば、2次試験の口述面接に進むことができます。



臨床心理士資格の難易度偏差値

偏差値49
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 臨床心理士資格審査 合格
平成○年○月○日 臨床心理士 登録
所轄・主催:
財団法人日本臨床心理士資格認定協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

臨床心理士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 専門的資格(優) 特になし ★★★ 通学

臨床心理士試験概要

受験資格 ・指定大学院を修了した者(詳細はHPにて要確認)
・大学院において臨床心理学またはそれに準ずる心理臨床に関する分野を専攻する専門職学位課程を修了した者
・医師免許取得者で、取得後2年以上の心理臨床経験を有する者
など
試験内容
一次試験:
筆記試験
多肢選択法(マークシート方式)と小論文
・心理学の基礎的設問
・基本業務に関する基礎的な専門知識
 ・臨床心理査定
 ・臨床心理面接
 ・臨床心理的地域援助
 ・それらの研究調査
・倫理・法律等の基礎知識および基本的な姿勢や態度

二次試験:
口述面接試験
・専門知識や技術の習得度の確認
・基本的な姿勢や態度
・専門家として最低限備えておくべき人間関係能力
合格率 59.1%
願書受付期間 7月上旬~9月上旬
試験日程
一次試験:
10月上旬
二次試験:
11月中旬
受験地 東京
受験料 30000円
合格発表日 12月下旬
※合格後、認定証の交付手続きをおこなって取得
受験申込・問合せ 公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-14 山崎ビル7階
Tel:03-3817-0020/Fax:03-3817-5858
ホームページ 日本臨床心理士資格認定協会
http://www.fjcbcp.or.jp/