米国上級秘書資格(CAP) - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » ビジネス » 米国上級秘書資格(CAP)

米国上級秘書資格(CAP)

米国上級秘書資格(Certified Administrative Professional)は、アメリカのIAAP(International Association of Administrative Professionals)が実施する国際資格で、マネジメントやビジネスコミュニケーション、会計、IT、情報セキュリティなどの全般に通じたオフィスプロフェッショナルを認定する資格。高度な英語力も求められます。国内受験はIAAP認定の試験運営団体バベルを通じて受けることができます。

米国上級秘書資格(CAP)資格の難易度偏差値

偏差値61
難関

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 米国上級秘書検定 認定
所轄・主催:
IAAP(International Association of Administrative Professionals)
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

米国上級秘書資格(CAP)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 キャリアアップ(優) 特になし ★★★ 通学 通信

米国上級秘書資格(CAP)試験概要

受験資格 ・4年制大学を卒業して実務経験2年以上の者
・短大を卒業して実務経験3年以上の者
・学位がなく実務経験4年以上の者
試験内容 ・コミュニケーション
 ・コレポン、文書およびレポート
 ・コミュニケーションのための文法
 ・顧客サービス
 ・ネットワーキング
 ・チーム力学
 ・守秘義務、倫理および合法性
・組織とプランニング
 ・コンピューター上を含むミーティングと出張準備
 ・時間管理
 ・データの編集
・情報配布
 ・コンピュータ使用および従来の情報配布プロセス
 ・リサーチ
 ・セキュリティ、倫理、合法性
・記録管理
 ・コンピュータおよび手動によるファイル管理システム
 ・ファイリングの規則と基準
 ・記録のセキュリティと守秘義務
 ・ファイル検索、保存、移動およびメンテナンス
・物品および情報資源
 ・供給品、フォームおよびソフトウェアの在庫のメンテナンス
 ・ソフトウェアおよび使用機器に関する教育訓練および使用法
 ・装置/ソフトウェアのインストールとメンテナンス
 ・ソフトウェアとハードウェアの問題解決
 ・オフィスのレイアウト
 ・基本的なコンピュータ操作とシステム・コマンド
 ・多様な媒体源を用いたデータの転送
 ・ソフトウェア間での文書の変換
 ・バックアップとセキュリティ機能のパフォーマンス
・文書作成
 ・チャートとグラフの作成
 ・文書の仕上げ
 ・議事録の準備
・財務機能(予算作成および財務文書の一般的知識を含む)
 ・現金と銀行取引
 ・仕訳記入
 ・電子送金と銀行取引明細書の照合
・人事(人事の法的問題に関する一般知識を含む)
 ・従業員関係
 ・成果およびプロジェクト記録の保持
 ・教育訓練および各種手順に関するマニュアル準備
 ・採用・人事配置プロセスへの参加
 ・従業員記録の保持
合格率 46%
願書受付期間 2月上旬~3月下旬・8月上旬~9月下旬
試験日程 5月中旬・11月中旬
受験地 東京・大阪
受験料 30000円
合格発表日 試験日から約2カ月後
受験申込・問合せ バベルCAP/CAP-OM試験事務局
〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18 1F
TEL:0422-45-0139 FAX:0422-24-8932
ホームページ CAP米国上級秘書資格 - Certified Administrative Professional -
http://babel-edu.jp/cap/