管理栄養士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 食品 » 管理栄養士

管理栄養士

管理栄養士は、人々の健康や生活習慣病の予防のために、栄養指導をおこなう専門家です。名前は似ていますが、栄養士とは専門分野が異なります。指導だけでなく、業務は意外と多岐にわたり、病院や学校、保健所、給食センターなどで労務管理をおこなう場合もあります。

資格詳細
管理栄養士とは、通常の栄養士の上位資格で、より高度な医学的知見によって傷病者を指導できる人にあたえられる資格です。主に病気や怪我を負った人を対象に、療養のための栄養指導をおこない、栄養バランスの取れたメニューを考案したり、調理法の改善なども実施します。厚生労働大臣が認定する国家資格です。

活躍場所
管理栄養士は、高度な専門知識を有するので、栄養士にくらべて活躍の場が広がるのが特徴で、健康な食生活が求められるあらゆる場所で活動できます。病院や福祉施設をはじめ、給食センターや官公庁、レストラン、スポーツ栄養分野など、さまざまな場所で活躍しています。仕事内容も当然、勤務先の施設によって大きく変わってきます。病院では医師や看護師と連携して食事面から治療をサポートし、老人福祉施設では高齢者に合った献立および調理法を考案します。保健所では疾病予防や食品衛生などの活動を通じて地域住民の健康を促進し、食品メーカーでは新商品の開発に参加してその商品を使った新しい料理を作ることもあります。

収入と将来性
活躍の場が広い管理栄養士の収入は、勤務先によってまちまちですが、通常の栄養士にくらべて優遇される傾向があります。有資格者に資格手当が支給されたり、昇給の条件になっていたりすることもあるようです。職場としては食品メーカーの研究所などが高収入の就職先として知られています。将来性においては、高齢化社会の進展とともに生活習慣病への意識が高まっており、栄養学に精通した管理栄養士の需要は高まり続けています。今後もニーズの絶えることがない資格です。

向いている人
食事や栄養に強い関心がある人に向いています。メニューを考案することも多いので、創造性は欠かせません。特に病人や高齢者を相手にする場合、相手の身になって献立を考えることができなければなりません。高度な専門知識が要求されるため、研究熱心である必要もあるでしょう。栄養学の世界は日進月歩なので、資格取得後および就職後も、常に最新の情報をキャッチする探究心が欠かせません。

取得方法
管理栄養士の国家試験には受験資格が設定されています。栄養士養成校を卒業して栄養士の資格取得後、1~3年以上の実務経験を積むか、管理栄養士養成施設(4年制)を卒業した人のみが受験できます。それでも合格率は4割に満たないやや難関です。養成校でしっかりと基礎を学び、現場でしっかりと知識を深め、充分な勉強を経て試験にのぞむようにしましょう。



管理栄養士資格の難易度偏差値

偏差値62
難関

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 管理栄養士免許 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

管理栄養士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(優) 名称独占資格 ★★★★★ 独学 通学 通信

管理栄養士試験概要

受験資格 ・修業年限が2年である栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、下記に掲げる施設において3年以上栄養の指導に従事した者(3月までに3年以上になる見込みの者を含む)
 ・寄宿舎、学校、病院等の施設であって、特定多数人に対して継続的に食事を供給するもの
 ・食品の製造、加工、調理または販売を業とする営業の施設
 ・学校教育法第1条に規定する学校、同法第124条に規定する専修学校および同法第134条に規定する各種学校
 ・栄養に関する研究施設および保健所その他の栄養に関する事務を所掌する行政機関
・上記の施設のほか、栄養に関する知識の普及向上その他の栄養の指導の業務が行われる施設
・修業年限が3年である栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、上記の各施設において2年以上栄養の指導に従事した者(3月までに2年以上従事する見込みの者を含む)
・修業年限が4年である栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、上記の各施設において1年以上栄養の指導に従事した者(3月までに1年以上従事する見込みの者を含む)
・修業年限が4年である管理栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた者(3月までに卒業する見込みの者を含む)
試験内容 ・社会・環境と健康
・人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
・食べ物と健康
・基礎栄養学
・応用栄養学
・栄養教育論
・臨床栄養学
・公衆栄養学
・給食経営管理論
合格率 49.30%
願書受付期間 1月上旬~1月中旬
試験日程 3月下旬
受験地 北海道・宮城・東京・愛知・大阪・岡山・福岡・沖縄
受験料 6800円
合格発表日 5月上旬
受験申込・問合せ 厚生労働省 健康局がん対策・健康増進課栄養指導室
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1丁目2番2号
TEL 03(5253)1111
ホームページ 管理栄養士国家試験|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/kanrieiyoushi/