福祉用具専門相談員 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 公的資格 » 福祉 » 福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員は、介護が必要な方の自立を支援するために、適切な福祉用具を提供するエキスパートです。介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所に2名以上の配置が義務づけられている公的資格でもあります。各都道府県が指定する機関にて講習を修了することで取得できます。なお、社会福祉士や介護福祉士、義肢装具士など、医療・福祉系の有資格者であれば、講習なしで福祉用具専門相談員を代行することが可能です

福祉用具専門相談員資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 福祉用具専門相談員指定講習 修了
所轄・主催:
厚生労働大臣
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

福祉用具専門相談員資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
公的資格 特になし 特になし ★★ 特になし

福祉用具専門相談員試験概要

受験資格 不問
試験内容 標準的な講習内容
・福祉用具と福祉用具専門相談員の役割
・介護保険制度等に関する基礎知識
・高齢者と介護・医療に関する基礎知識
・個別の福祉用具に関する知識・技術
・福祉用具に係るサービスの仕組みと利用の支援に関する知識
・福祉用具の利用の支援に関する総合演習
・修了評価
合格率 ほぼ100%
願書受付期間 講習機関により異なる
試験日程 講習機関により異なる
受験地 各都道府県が指定する講習機関
受験料 講習機関により異なる
(30000~40000円程度)
合格発表日 講習修了後
受験申込・問合せ 各都道府県の地域福祉課や高齢介護課
ホームページ