社会福祉士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 福祉 » 社会福祉士

社会福祉士

身体や精神に障害をかかえている人、または環境などの理由で日常生活をいとなむのに困難をともなう人のために、専門的な知識と技能を駆使して生活をサポートする社会福祉士。問題をかかえた人々の相談などに応じてアドバイスや指導、福祉サービスの関係への連絡や調整など、さまざまな援助をおこないます。高齢化社会がすすんだ現在、需要がますます高まっている資格です。

資格詳細
一般に「ソーシャルワーカー」「ケースワーカー」「生活相談員」と呼ばれる社会福祉士は、心身に障害を持つ人や日常生活に不自由な高齢者、およびその家族の相談に乗って、適切なアドバイスや指導を提供する福祉サービスの専門家です。相談だけでなく、福祉施設の利用者と一緒にスポーツやレクリエーションに参加したり、家庭訪問をするなどの活動もあり、福祉用具の貸与や住宅のリフォームなどに関与することもあります。

活躍場所
福祉サービスのプロフェッショナルである社会福祉士の活躍の場は、行政機関から民間企業まで広範にわたります。老人ホームや児童福祉施設、障害者施設などの社会福祉施設のほか、自治体の福祉事務所、病院、保健所といった医療機関。あるいは福祉用具をあつかう企業や盲導犬訓練施設などの福祉関係企業で活躍する人もおり、最近は独立開業する人も増えてきました。なお、公的な施設に勤務する場合には、地方公務員試験に合格する必要があります。

収入と将来性
社会福祉士はまだ新しい資格ということもあって、有資格者の数は不足しており、無資格のまま福祉事業にたずさわっているベテランも少なくないのが現状です。しかし高齢化社会が進むことで福祉の需要は増加傾向が続きますので、この資格の重要性も高まってゆくと考えられます。収入面では、自治体の福祉施設などに勤務する地方公務員の場合は、その土地の公務員給与規定によって給与が決まります。民間施設の場合も、その地域の公共機関と同程度の給与となるのが相場です。

向いている人
社会福祉士は、困っている人や悩んでいる人の相談に乗ることがメインのお仕事ですので、親身になって話を引き出し、じっくり耳をかたむけることができるコミュニケーション能力が求められます。また、相談者には、将来を悲観している人も少なくないため、そうした人びとを励ましてあげられる前向きな性格の人が向いていると言えます。いずれにしても、そもそも「人間が好き」でなければつとまらない仕事であり、対人スキルが高いほど優秀なソーシャルワーカーになれると言ってもよいかもしれません。

取得方法
社会福祉士の国家試験には受験資格として規定の学歴が求められます。多くの受験者は、社会福祉系の大学で必要単位を修得した上で試験にのぞみますが、それ以外の人でも指定の社会福祉士養成施設(1~2年間)を卒業すれば受験資格を得ることができます。そうした条件があるにもかかわらず、合格率20~30%程度の難関であり、試験は出題範囲が非常に広いのが特徴です。大学や養成施設でしっかり勉強し、復習をおこたらず、不足があるようなら通信教育を利用して補強するなど、万全を期して試験にのぞまなければ合格は難しいでしょう。



社会福祉士資格の難易度偏差値

偏差値57
普通

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 社会福祉士国家試験 合格
平成○年○月○日 社会福祉士 登録
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

社会福祉士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 特になし 名称独占資格 ★★★★★ 独学 通学 通信

社会福祉士試験概要

受験資格 ・4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
・2年制(または3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(または1年以上)相談援助の業務に従事した者
・社会福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した者
・社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した者
試験内容 ・人体の構造と機能及び疾病
・心理学理論と心理的支援
・社会理論と社会システム
・現代社会と福祉
・地域福祉の理論と方法
・福祉行財政と福祉計画
・社会保障
・障害者に対する支援と障害者自立支援制度
・低所得者に対する支援と生活保護制度
・保健医療サービス
・権利擁護と成年後見制度
・社会調査の基礎
・相談援助の基盤と専門職
・相談援助の理論と方法
・福祉サービスの組織と経営
・高齢者に対する支援と介護保険制度
・児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
・就労支援サービス
・更生保護制度
合格率 18.8%
願書受付期間 9月上旬~10月上旬
試験日程 1月下旬
受験地 北海道・青森・岩手・宮城・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・石川・岐阜・愛知・京都・大阪・兵庫・島根・岡山・広島・香川・愛媛・福岡・熊本・鹿児島・沖縄
受験料 7540円
合格発表日 3月中旬
受験申込・問合せ 公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6 SEMPOSビル
TEL 03-3486-7559
ホームページ [社会福祉士国家試験]:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
http://www.sssc.or.jp/shakai/index.html