社会教育主事 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 教育 » 社会教育主事

社会教育主事

社会教育主事は、都道府県および市町村の教育委員会に所属して、図書館や博物館、公民館などの社会教育施設に勤務したり、PTAや青少年団体など社会教育団体の指導者に専門家としての助言や指導をおこなったりします。資格は大学および短大などで関連科目を履修、または講習を修了することで取得します。

社会教育主事資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能

社会教育主事資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 特になし 必置資格 ★★★★★ 講習

社会教育主事試験概要

受験資格 ・大学に2年以上在学して62単位を修得、または高等専門学校を卒業し、かつ下記の期間を通算して3年以上になる者で、社会教育主事の講習を修了したもの
 A.社会教育主事補の職にあった期間
 B.官公署または社会教育関係団体における社会教育に関係のある職で文部科学大臣の指定するものにあった期間
 C.官公署または社会教育関係団体が実施する社会教育に関係のある事業における業務であって、社会教育主事として必要な知識または技能の習得に資するものとして文部科学大臣が指定するものに従事した期間
・教育職員の普通免許状を有し、かつ5年以上文部科学大臣の指定する教育に関する職にあった者で、社会教育主事の講習を修了したもの
・大学に2年以上在学して62単位を修得し、かつ、大学において文部科学省令で定める社会教育に関する科目の単位を修得した者で前記A~Cに掲げる期間を通算した期間が1年以上になるもの
・社会教育主事の講習を修了したもので、社会教育に関する専門的事項について資格に相当する教養と経験があると都道府県の教育委員会が認定したもの
試験内容
社会教育主事講習

社会教育主事となりうる資格を付与することを目的として、全国の大学および国立教育政策研究所社会教育実践研究センターで実施される約40日間の講習。この講習を修了することで資格を取得することができる。
生涯学習概論
(2単位)
・生涯学習・社会教育の意義や歴史
・家庭・学校・社会の連携と学習システム
・指導者としての役割、資質・能力について
社会教育計画
(2単位)
・地域総合計画とまちづくり計画
・調査の企画とデータ分析・活用
・地域住民への情報提供と学習相談
・事業評価の意義と視点、内容と方法
社会教育特講
(3単位)
・地域社会における諸問題の解明
(家庭教育、環境教育、消費者教育、著作権、キャリア教育・職業教育など)
社会教育演習
(2単位)
・事業計画立案
・各地域の現状と課題に対応した中・長期計画、年間事業計画、学習プログラム
、学習展開計画の策定
合格率 試験なし
願書受付期間 講習機関による
試験日程 講習:6~8月・1~2月
※講習機関によって異なる(約40日間)
受験地 国立教育政策研究所社会教育実践研究センターおよび各地の大学
受験料 なし
合格発表日 講習修了で取得
受験申込・問合せ 各都道府県教育委員会および文科省の担当課

文部科学省 生涯学習政策局社会教育課 公民館振興係
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
電話 03(5253)4111(内線2974)
ホームページ 社会教育主事・社会教育主事補について:文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/gakugei/syuji/