社会常識能力検定 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » ビジネス » 社会常識能力検定

社会常識能力検定

社会人として、常識に反する言動をおこなうことは、単に自分が恥をかくだけでなく、同僚に迷惑をかけたり、所属する企業などに不利益をもたらしたりする恐れさえあります。社会常識能力検定は、「社会常識」「コミュニケーション」「ビジネスマナー」の3つの領域で、いかに常識をわきまえているかを問う民間の検定試験。社会人デビューをひかえた就職活動中の学生や、社会人になりたての若いビジネスマンにおすすめの検定です。

社会常識能力検定資格の難易度偏差値

1級 2級 3級
偏差値48 偏差値44 偏差値39
簡単
簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 社会常識能力検定試験○級 合格
所轄・主催:
公益社団法人全国経理教育協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

社会常識能力検定資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

社会常識能力検定試験概要

受験資格 不問
試験内容
1級

企業・社会のしくみと幅広い社会常識を十分に理解し、目標達成のために自ら率先して高度な業務を処理できる知識やビジネスマナーを活用し、後輩指導、グループをまとめるリーダーシップ、トラブル対応などさまざまなビジネス場面で発揮できるコミュニケーション能力を習得しているレベル

2級

企業・社会のしくみと一般的な社会常識を理解し、仕事を処理するために必要な知識やビジネスマナーを身につけ、自ら築いた人間関係を良好に保つために必要なコミュニケーション能力を習得しているレベル

3級

社会・組織の一員として必要不可欠な社会常識を理解し、初歩的な仕事を処理するために必要な知識やビジネスマナーを学び、社内外の人と良好な関係を築くために求められるコミュニケーション能力を習得しているレベル

筆記試験

・社会常識
 ・職業観と企業
 ・仕事の進め方
 ・一般知識
・コミュニケーション
 ・職場の人間関係
 ・社会人としての話し方
 ・ビジネス文書
・ビジネスマナー
 ・職場のマナー
 ・電話応対
 ・交際業務
 ・会議
 ・郵便の知識
 ・ファイリング
合格率 51.8%(3級)
願書受付期間
ネット申込

7月上旬~8月上旬・10月上旬~11月上旬

窓口申込

8月上旬~9月上旬・11月上旬~12月上旬
試験日程 9月下旬・1月中旬
受験地 協会が指定した全国の専門学校
受験料
1級:
4200円
2級:
2700円
3級:
2200円
合格発表日 試験日から1カ月以内
受験申込・問合せ 公益社団法人 全国経理教育協会
〒170-0004 東京都豊島区北大塚1-13-12
TEL 03-3918-6133 FAX 03-3918-6196

または最寄の協会加盟校
ホームページ 全国経理教育協会/社会常識能力検定
http://www.zenkei.or.jp/license/secretary.php