看護師 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク


看護師

医師の右腕として医療の現場で大活躍する看護師。医療機関にて患者のケアや診療のサポートをおこなうスタイルが代表的ですが、社会福祉施設や訪問看護ステーションなど、スキルを発揮する場はほかにも多くあります。看護師の免許は、厚生労働大臣が実施する国家試験に合格することで取得できますが、准看護師免許の試験は、都道府県知事がおこなっています。

資格詳細
医療の現場で医師の力強い助手となり、患者さんの身の回りのお世話に献身する看護師は、「白衣の天使」の異名のとおり、医師や患者にとっては頼もしい味方です。その一方で夜勤や三交代制などがあるハードワークとしても知られ、理想と現実のギャップに悩まされやすい職場でもありますが、それだけに非常にやりがいのあるお仕事であり、特に女性にとっては、あこがれの職業であり続けています。「ナースバンク」などの就業支援が充実しているので、結婚や育児などでいったん退職したあとでも再就職がしやすいという、女性にとって大きなメリットもあります。

活躍場所
看護師の活躍場所は、もちろん病院や診療所などの医療機関が主です。その他、老人福祉施設や訪問看護などでも看護師は欠かせません。日本中あらゆる場所に働ける職場があり、人によっては発展途上国などの海外で看護の技術を役立てているケースもあります。また、看護師免許を取得したあとで、助産師や保健師といった他の国家資格に挑戦する人も少なくありません。

収入と将来性
医療現場の人手不足、特に看護師不足が長らく社会問題となった結果、看護師の重要性が見直され、勤務条件の厳しさは徐々に改善されつつあります。特に今後は、高齢化社会かつ福祉社会が進展するため、看護師の価値と職場の選択肢はより増してゆくでしょう。また、どの現場においても優秀な看護師は重宝されるので、キャリア次第で順調な昇給や昇格も見込めます。

向いている人
看護師という職業は、人の生命に関わるお仕事です。重大な責任がともなうので、的確な判断力や正確な技術、そして人間的な誠実さは欠くことのできない要素です。病気や怪我によって気持ちが落ち込んでいる患者さんを励ましたり、明るく対応して元気づけることも看護師の大切なスキルですので、面倒見のよい人や思いやりのある人に向いていると言えるでしょう。基本的にハードワークであり、体力のいる仕事ですので、健康に自信がある人にも向いています。

取得方法
看護師の国家試験を受けるには、高校卒業後、3年以上、文部科学大臣が指定する学校もしくは厚生労働大臣が指定する看護師養成所に通学する必要があります。准看護師の場合も、看護師養成所で勉強し直す必要があります。看護師試験の合格率は9割ほどと、かなり高くなっており、学校や養成所でしっかり勉強していれば、さほど難しくはありません。試験は2月下旬ごろ、北海道、青森、宮城、東京、愛知、石川、大阪、広島、香川、福岡、沖縄で実施されます。



看護師資格の難易度偏差値

偏差値42
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 看護師免許 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

看護師資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 就職や転職にかなり有利 業務独占資格 ★★★★★ 通学

看護師試験概要

受験資格 ・文部科学大臣の指定した大学(短期大学を除く)において看護師になるのに必要な学科を修めて卒業した者その他3年以上当該学科を修めた者(3月までに修業する見込みの者を含む)
・文部科学大臣の指定した学校において3年以上看護師になるのに必要な学科を修めた者(3月までに修業する見込みの者を含む)
・厚生労働大臣の指定した看護師養成所を卒業した者(3月までに修業または卒業する見込みの者を含む)
・免許を得た後3年以上業務に従事している准看護師または高等学校もしくは中等教育学校を卒業している准看護師であって、指定大学、指定学校または指定養成所において2年以上修業したもの(3月までに修業または卒業する見込みの者を含む)
・外国の保健師助産師看護師法第5条に規定する業務に関する学校もしくは養成所を卒業、または外国において看護師免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が上記に掲げる者と同等以上の知識および技能を有すると認めたもの
ほか
※受験資格は多岐に渡るので事前に要確認
試験内容 ・人体の構造と機能
・疾病の成り立ちと回復の促進
・健康支援と社会保障制度
・基礎看護学
・成人看護学
・老年看護学
・小児看護学
・母性看護学
・精神看護学
・在宅看護論
・看護の統合と実践
合格率 88.8%
願書受付期間 11月下旬~12月中旬
試験日程 2月中旬
受験地 北海道・青森・宮城・東京・愛知・石川・大阪・広島・香川・福岡・沖縄
受験料 5400円
合格発表日 3月下旬
受験申込・問合せ 受験地ごとの厚生局および厚労省医政局看護課

厚生労働省 医政局看護課
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1丁目2番2号
TEL 03(5253)1111 FAX 03(3591)9073
ホームページ 看護師国家試験|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/kangoshi/