登録販売者 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 公的資格 » 医療 » 登録販売者

登録販売者

一般用医薬品でも薬剤師がいなければ販売できないという不便な状況を是正するために、薬事法が改正され、「登録販売者」の公的資格が認められるようになりました。登録販売者は、第一類医薬品意外の一般用医薬品が販売できます。薬を取り扱う各種量販店や大型スーパーマーケットなどでも活躍でき、就職や転職の幅が大きく広がる資格です。

資格詳細
登録販売者は、第二類および第三類医薬品を販売することができる国家資格です。この分類の医薬品は、いわゆる一般用医薬品のほとんどを占めており、この資格を得ることで、一般的な市販薬を売ることができるようになります。2009年6月の新しい薬事法施行により始まった資格で、それまで医薬品の販売は薬剤師に限定されていました。しかし薬局やドラッグストアといった街の薬屋さんにて薬剤師の確保が困難になっていたため、規制が緩和され、この国家資格が設けられることになりました。大学の薬学部を卒業していなくても、取得することができるので、医薬品販売の門戸が大きく開かれた形となっています。

活躍場所
登録販売者の多くは、大型ドラッグストアなどの小売店に勤務しています。ドラッグストアで経験を積んでのち、営業許可を取得して独立開業し、自分の店を持つ人もいます。また、すでに薬以外の小売店を経営していた人が、登録販売者の資格を取得して、市販薬も店頭に加え、売上を伸ばす、といったケースもあります。都会ほど薬が手に入りやすくない過疎地や離島などでは特に意義の高い資格です。

収入と将来性
登録販売者の有資格者は、ドラッグストアを始めとして一般用医薬品を取り扱う小売店に厚遇にて歓迎されます。知識だけでなく経験がモノを言う仕事ですので、キャリアを積めば積むほど収入の増加も見込めます。また、店内での昇進も有利となり、店長やエリアマネージャーなどの地位に至る道も開けやすいでしょう。みずから登録販売者の資格を持っていれば、開業許可を得て独立するという道も難しくはありません。

向いている人
登録販売者の仕事は、従来の薬局の薬剤師さんと同様です。接客がメインですので、お客さんの話をしっかり聞き、的確に応じることができるコミュニケーション能力が問われます。困っている人の相談に乗ってあげるのが得意な人に向いていると言えそうです。また、医薬品の世界は日進月歩で絶えず変化し続けていますので、最新の情報に敏感である必要もあります。まちがった選択が他人の健康に被害をあたえかねない仕事でもありますので、自分の判断に責任を持てる人でなければ、目指すべきではないでしょう。

取得方法
登録販売者の資格試験を受けるには、大学の薬学部を卒業していない場合、薬局または一般用医薬品などの販売に関する実務経験(4年以上または高校卒業後1年以上)が求められます。試験は都道府県によって実施され、詳細は自治体により異なりますが、厚生労働省のガイドラインに沿った内容となっており、全体の70%の正解率が合格ラインです。しかし正解率の低い(およそ35%未満)科目がひとつでもあると不合格になる場合がありますので、苦手な科目を作らないように学習する必要があります。なお合格後は、自治体に登録を申請して資格を取得することになります。



登録販売者資格の難易度偏差値

偏差値45
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 登録販売者試験 合格
平成○年○月○日 登録販売者 登録
所轄・主催:
各都道府県薬務課
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

登録販売者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
公的資格 キャリアアップ(良) 必置資格 ★★★★★ 独学 通学 通信

登録販売者試験概要

受験資格 ・旧大学令に基づく大学および旧専門学校令に基づく専門学校において薬学に関する専門の課程を修了した者
・平成18年3月31日以前に学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)に入学し、当該大学において薬学の正規の課程を修めて卒業した者
・平成18年4月1日以降に学校教育法に基づく大学に入学し、当該大学において薬学の正規の課程(同法第87条第2項に規定するものに限る)を修めて卒業した者
・旧制中学もしくは高等学校またはこれと同等以上の学校を卒業した者で、1年以上、一般販売業(卸売一般販売業を除く)、薬種商販売業、薬局または店舗販売業もしくは配置販売業において薬剤師または登録販売者の管理および指導の下で実務に従事した者
・高等学校未卒業、もしくは、高等学校卒業同等資格を持たない者は、4年以上、一般販売業(卸売一般販売業を除く)、薬種商販売業、薬局または店舗販売業もしくは配置販売業において薬剤師または登録販売者の管理および指導の下に実務に従事した者
・上記に掲げる者のほか、一般用医薬品の販売または授与に従事しようとするにあたり、上記に掲げる者と同等以上の知識経験を有すると都道府県知事が認めた者
ほか
試験内容 筆記試験:マークシート方式
・医薬品に共通する特性と基本的な知識
・人体の働きと医薬品
・主な医薬品とその作用
・薬事関係法規・制度
・医薬品の適正使用・安全対策
合格率 43.7%
願書受付期間 都道府県により異なる
試験日程 都道府県により異なる
受験地 都道府県が指定する会場
受験料 都道府県により異なる
合格発表日 都道府県により異なる
受験申込・問合せ 各都道府県の薬務主管局
ホームページ