生きがい情報士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 福祉 » 生きがい情報士

生きがい情報士

高齢化が進む日本社会において、中高年の「幸福」は重要なテーマとなっています。生きがい情報士は、中高年齢者の精神的・身体的な健康の維持・増進と、セカンドライフの生きがい創造を支援するために、コンピュータなどを駆使して必要な情報の提供、関連機関等への紹介、ライフプラン作成などをおこないます。資格は、健康・生きがい開発財団が規定するカリキュラムを修了し、試験に合格することで取得できます。

生きがい情報士資格の難易度偏差値

偏差値35
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 生きがい情報士 登録
所轄・主催:
財団法人健康・生きがい開発財団
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

生きがい情報士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

生きがい情報士試験概要

受験資格 不問
試験内容 健康・生きがい開発財団が指定する養成校にて規定のカリキュラムを修了し、試験に合格することで取得できる。

カリキュラム内容

・総論:講義(12時間)
 ・健康・生きがいづくり総論
・核カリキュラム:講義(64時間)
 ・健康管理
 ・余暇・趣味・生涯学習
 ・社会参加
 ・就労・起業
 ・ライフプランと経済金融
 ・福祉・生活支援
 ・熟年期支援に必要な法律知識
・技術:演習(68時間)
 ・ライフプラン技術
 ・仲間作り援助技術
 ・情報検索技術(ネットワーク技術Ⅰ)
 ・広報技術(ネットワーク技術Ⅱ)
・見学・実習:実習(32時間)
 ・ボランティア実習
 ・就労斡旋施設見学
 ・健康増進施設見学
 ・余暇関連施設見学
 ・福祉施設見学
合格率 90%
願書受付期間 養成校による
試験日程 養成校による
受験地 養成校による
受験料 5000円
合格発表日 養成校による
受験申込・問合せ 財団法人 健康・生きがい開発財団
〒112-0002 東京都文京区小石川5丁目2-2 わかさビル4F
TEL:03-3818-1451 FAX:03-3818-3725
ホームページ 生きがいWEB ~生きがい情報士公式情報サービス~
http://www.ikigai-info.jp/index.html