理学療法士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 福祉 » 理学療法士

理学療法士

理学療法士は、事故や病気により身体機能を損なってしまった人々の社会復帰をサポートするリハビリテーションの専門家です。温熱や光線、電気をもちいた療法や、マッサージなどをおこないます。人員不足の傾向があるため、社会的意義はより高まっています。なお、試験では点字での受験も可能です。

資格詳細
理学療法とは、身体に障害のある人に運動療法や物理療法、動作訓練をほどこして、基本的な動作能力の回復をうながす療法です。その専門家である理学療法士は、作業療法士とならんでリハビリテーションのプロフェッショナルとして知られています。病気や怪我の回復はもちろんですが、社会復帰および日常生活への復帰までサポートし、自立支援や健康増進、介護予防などもおこないます。また、関連する教育や研究にもたずさわることがあります。

活躍場所
理学療法士は、リハビリテーションがおこなわれるすべての現場で活躍します。具体的には、病院や介護施設、在宅ケア団体などが、主な勤務先です。それら医療の現場にて、医師や看護師など他の医療スタッフたちとともに、チーム医療における基本的動作回復の中核をにないます。また、公共施設などの福祉用具の選定や、住宅の改修においても、重要なアドバイザーとして活躍することがあります。近年では、生活習慣病の予防や障害予防など、予防医学の分野での活躍も期待されています。

収入と将来性
理学療法士の資格取得者は年々、増えていますが、まだまだ需要の高さに追いついていないのが現状です。高齢化社会をむかえ、患者さんの数が加速度的に増えている状態ですので、現場は慢性的な人手不足であり、有資格者の就職率はとても高くなっています。高齢化は今後も継続してゆきますので、高齢者医療における将来性は非常に高いと言ってよいでしょう。非常勤でも高い報酬で歓迎されるのが理学療法士の特徴でもあり、結婚や育児のために現役をしりぞいた女性が復職するのも、比較的、容易となっており、非常勤として家事との両立も可能です。常勤なら、より安定した収入を得ることができます。

向いている人
障害をかかえた患者さん個人と向き合って、一緒に回復を目指して努力するお仕事ですので、コミュニケーションのスキルがもっとも重要です。やさしい性格の人に向いていますが、時には患者さんを厳しく叱れる強さも必要ですし、あきらめない根気強さも必要です。知識の面では完全に理系ですので、生物や化学、数学が得意な人がよいでしょう(数学は学校入試に必要です)。患者さんの体をささえたり持ち上げたりすることがあるので、体力も必要になりますが、それは現場で自然とついてくるので、最低限あればOK。女性や年齢の行った人でも問題なく資格に挑戦できます。

取得方法
理学療法士の資格を取得するには、学校や養成校に通学して医療の専門知識と技術を学習する必要があります。入学には高校卒業程度の学力が求められます。学生には、高校を卒業したばかりの若者だけでなく、主婦や転職希望者も多いので、この資格を目指すのに遅すぎるということはありません。入試科目は、私立学校では数学、英語、小論文の3科目。国立ではさらに国語か理科の1科目が追加されます。入学してきちんと勉強すれば、取得は難しくなく、合格率も90%近い高さとなっています。



理学療法士資格の難易度偏差値

偏差値43
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 理学療法士免許 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

理学療法士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 専門的資格(良) 業務独占資格 ★★★★★ 通学

理学療法士試験概要

受験資格 ・大学に入学することができる者で、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した理学療法士養成施設において、3年以上理学療法士として必要な知識および技能を修得したもの(3月までに修業または卒業する見込みの者を含む)
・外国の理学療法に関する学校もしくは養成施設を卒業、または外国で理学療法士の免許に相当する免許を得た者で、厚生労働大臣が上記に掲げる者と同等以上の知識および技能を有すると認定したもの
ほか
試験内容
筆記試験

一般問題

・解剖学
・生理学
・運動学
・病理学概論
・臨床心理学
・リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)
・臨床医学大要(人間発達学を含む)
・理学療法
実地問題

・運動学
・臨床心理学
・リハビリテーション医学
・臨床医学大要(人間発達学を含む)
・理学療法

口述試験


実技試験
合格率 88.60%
願書受付期間 12月中旬~1月上旬
試験日程 2月下旬
受験地
筆記試験

北海道・宮城・東京・愛知・大阪・香川・福岡・沖縄

口述・実技試験

東京
受験料 10100円
合格発表日 3月下旬
受験申込・問合せ 理学療法士国家試験臨時事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋1丁目20番5号
TEL 03(5200)5860
ホームページ 理学療法士国家試験の施行|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/rigakuryouhoushi/