獣医師 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク


獣医師

牛や馬、羊、豚、鶏などの家畜、犬や猫、小鳥などのペットの診療をおこなったり、保健衛生上の指導をおこなうのが獣医師です。動物が好きな人に向いていますが、広範な知識と技能がなければできない仕事です。相手が動物あっても受験資格はそれなりに厳しく、獣医学系の大学を卒業した上で国家試験を受け、合格することで資格が取得できます。

資格詳細
動物のお医者さんこと獣医師は、ヒト以外の動物全般を専門とする医師です。犬や猫などのペットのほか、牛や豚、ニワトリなどの家畜、さらにはゾウやイルカなど動物園や水族館にしかいないような大型の動物も診察、治療します。人間相手ではないものの、飼育動物はれっきとした財産ですので、その生死を左右する獣医師は、業務独占資格かつ名称独占資格の国家資格となっています。現在、獣医師の有資格者は3万5000人ほどと言われています。

活躍場所
獣医師の勤務先としてもっとも多いのは、個人診療所です。街の動物病院などに勤務し、来院するペットを診察します。人間の病院と異なり、診療科目に分かれていないので、さまざまな動物のさまざまな傷病に対応しなければなりません。また、酪農などが盛んな土地では、牛や豚などの家畜を診察する機会も多くなります。ペットとちがって農家の生活がかかっているので責任は重大です。ほか、競馬の関連施設や、動物園や水族館も獣医の活躍場所です。国家公務員として厚生労働省や農林水産省に勤務し、輸入される動物の検査をおこなったり、地方公務員として都道府県の施設に勤務し、食肉衛生検査や予防接種などに従事する獣医師もいます。飼育動物だけでなく、野生動物の保護に活躍する人もいます。およそ動物のいるところ、すべてが獣医師の活躍場所と言ってもよいかもしれません。

収入
獣医師は、活躍の舞台がじつにさまざまであるため、収入の面でも千差万別ですが、獣医全体で見た場合、平均年収は600万円ほどとされています。獣医の半数以上が勤務する動物病院では、初任給20万~25万円ほどが相場となっています。いずれにおいても、きわめて専門性が高く難しい仕事であるため、給与の水準は高めである傾向があります。国家公務員および地方公務員として勤務する場合には、法定の給与体系にもとづく給与が安定的に支給されます。

将来性
かつては家畜の健康管理や狂犬病など動物由来の防疫活動がメインでしたが、現在の獣医師はペットを相手にすることが多くなり、動物病院の数も非常に多くなりました。ペットの種類も多様化し、犬や猫、小鳥といったオーソドックスな動物だけでなく、「エキゾチックアニマル」と総称される海外の珍しい爬虫類や両生類も診る機会が増えています。こうした動きは一過性のブームではないので、獣医の将来性に心配はないと言えますが、際限なく広がり続けるペットの世界に対応してゆくためには、きわめて広範な技術と知識が求められるようになっています。

向いている人
獣医師の適性において第一に挙げられるのは、やはり「動物が好きであること」でしょう。それも、犬や猫が好きなだけではなくて、あらゆる動物に苦手意識がないことが望まれます。また、人間相手の医師と異なり、獣医には診療科目がなく、さまざまな動物のさまざまな病気や怪我に対応できねばならないので、非常に幅広い知識が求められます。晴れて獣医師になったあとも、勉強が必要になり続けるので、高い向学心を持ち続けられる人でないと成功は難しいでしょう。

取得方法
獣医師の国家資格は、農林水産省が実施する国家試験に合格することで取得できます。試験を受けるには、高校卒業後、獣医学部や獣医学科を有する獣医系大学に入学し、6年間、勉強する必要があります。獣医系大学の学費は高めで、私立では計1000万円を超える場合もあります。学費の面では国公立がおすすめですが、獣医系大学そのものが少ないので、狭き門となっています。一方、国家試験の合格率は高く、大学でしっかり勉強していればさほど難関ではありません。



獣医師資格の難易度偏差値

偏差値67
難関

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 獣医師免許 取得
所轄・主催:
農林水産省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

獣医師資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 独立開業にかなり有利 業務独占資格 ★★★★★ 通学

獣医師試験概要

受験資格 ・大学の獣医学の正規の課程(6年制)を修めて卒業した者(3月末までに卒業見込みの者を含む)
・外国の獣医学校を卒業、または外国で獣医師の免許を得た者であって、獣医事審議会が上記に掲げる者と同等以上の学力および技能を有すると認定した者
・獣医師国家試験予備試験に合格した者
ほか
試験内容 多肢選択方式(マークシート)

必須問題

・獣医療の基本的事項
・獣医学の基本的事項
・衛生学に関する事項
・獣医学の臨床的事項

学説試験A

・獣医学の基本的事項
学説試験B

・衛生学に関する事項
・獣医学の臨床的事項

実地試験C

・衛生学に関する事項
・獣医学の臨床的事項
・獣医療現場で実際に起こりうる症例・事例に関する基本的かつ重要な事項
実地試験D

・衛生学に関する事項
・獣医学の臨床的事項
・獣医療現場で実際に起こりうる症例・事例に対する対処方法等の総合的な事項
合格率 81.80%
願書受付期間 1月上旬~中旬
試験日程 2月中旬(2日間)
受験地 北海道・東京・福岡
受験料 13900円
合格発表日 3月中旬
受験申込・問合せ 農林水産省 消費・安全局畜水産安全管理課 獣医事班
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
代表:03-3502-8111(内線4530)
ダイヤルイン:03-6744-2103
FAX:03-3502-8275
ホームページ 農林水産省/獣医師国家試験
http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/zyui/shiken/shiken.html