潜水士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク


潜水士

サルベージや水産物の採取、潜水土木を含む海洋開発などなど、潜水作業がおこなわれる現場は少なくありません。これら水底の職場で働くには、潜水士の資格が不可欠です。減圧症や窒素酔いといった高気圧障害などの危険と隣り合わせの作業ですが、特殊な技能を活かせるやりがいのあるお仕事です。

潜水士資格の難易度偏差値

偏差値49
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 潜水士免許 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

潜水士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 就職や転職にやや有利 業務独占資格 ★★★★★ 独学 講習

潜水士試験概要

受験資格 不問
※合格後の免許交付対象は18歳以上
試験内容 試験は筆記のみ。

・潜水業務(30点)
・送気、潜降及び浮上(25点)
・高気圧障害(25点)
・関係法令(20点)
合格率 76.8%
願書受付期間 試験日の2カ月~14日前
試験日程 4月・6月・7月・10月・12月・1月
※試験会場により実施されない月がある
受験地 全国7カ所の安全衛生技術センター
受験料 6800円
合格発表日 試験当日に告知
受験申込・問合せ 公益財団法人 安全衛生技術試験協会
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館9階
TEL 03-5275-1088
ホームページ 資格の紹介(潜水士)
http://www.exam.or.jp/exmn/H_shokai611.htm