漢検(日本漢字能力検定) - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 事務 » 漢検(日本漢字能力検定)

漢検(日本漢字能力検定)

日本で生活してゆく上で、老若を問わず身近に求められ続ける漢字の知識。漢字が読めなければ、生活に不自由さえきたします。漢検は、その漢字の読み書き能力を証明する検定試験で、下は3歳から上は101際まで、受験者の年齢層の幅が広いのが特徴です。1~10級のなかで自分の実力に合った受検ができますが、1級は年間に500人ほどしか合格できない難関となっています。

資格詳細
古代に中国から輸入した漢字は、日本人が初めて手に入れた文字であり、ひらがなやカタカナに派生して、日本独自の文字文化を形成しました。多少、形を変えながらも、現在に至るまで、漢字は日本語のコミュニケーションに不可欠な存在となっています。日本漢字能力検定、略して「漢検」は、その漢字の読み書き能力を判定する公的な検定試験。とてもポピュラーな検定であり、例年、200万人を超える受験者があり、年齢層も3歳から101歳までと、きわめて幅広いことで知られています。

活躍場所
漢検で認定される漢字能力は、日本語が使われるあらゆる場所で役に立つと言ってよいでしょう。日常生活全般はもちろん、ほとんどのビジネスにおいても漢字能力は必要ですし、難しい漢字を読み書きできることは、その人の教養の高さを示すことにもなります。漢検は、単に漢字の知識だけでなく、事務処理能力や文章構成能力の向上にもつながるため、社員研修の一環にしている企業もあるほどです。高校や短大、大学によっては、入学時の評価対象としている学校もあり、受験や就職に有利となる検定でもあります。

収入と将来性
漢字能力は、日本に暮らす人にとっては一般教養の範疇であり、常用漢字に至っては常識のレベルです。そして逆に、常用外の難しい漢字は、読み書きできなくてもあまり不都合はありません。漢検の成績が、収入の増加や出世につながることはほとんどないでしょう。しかしながら、日本人が漢字を使い続けるかぎり、常識としての漢字の必要性は変わらないため、将来性は盤石です。パソコンなどで漢字を入力するにしても、正しい漢字能力がないと誤変換を頻発したり、誤りに気がつかなかったりするケースが大幅に増えます。対外的な文書で誤変換がそのままになっていると、あらぬ誤解をまねく可能性がありますし、それを書いた当人個人だけでなく、企業のイメージまで損なう恐れがあります。そうしたミスを犯しにくい、常識ある社会人や学生であることを証明するものとして、漢検は非常に価値のある検定試験だと言えます。

向いている人
漢字をおぼえることに多少の向き不向きはありますが、日常的に新聞や本を読んでいて、それらに使われている漢字を読むのに不都合がない程度であれば、漢検は難しい試験ではありません。漢字が苦手だとの自覚がある人は、それなりの受験勉強が必要になります。元もと文章が好きで、漢字が苦にならない人なら、1級などの高い級位でも楽しんで勉強することができるはずです。

取得方法
漢検は1級から10級までの級位が用意されており、大学生・社会人レベルから小学校1年生レベルまで、幅広く対応しています。そして自分に合った級位から受験することができます。試験内容は、漢字の読みのほか、書き取りも出題されますので、受験対策として、実際に漢字を手で書いてみて、体でおぼえるというトレーニングが重要になります。市販の問題集などを利用して、漢字を書く力を重点的にきたえましょう。



漢検(日本漢字能力検定)資格の難易度偏差値

1級 準1級 2級 準2級 3級
偏差値69 偏差値59 偏差値55 偏差値48 偏差値39
難関
普通
普通
簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 日本漢字能力検定○級 合格
所轄・主催:
公益財団法人日本漢字能力検定協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

漢検(日本漢字能力検定)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 就職や転職にやや有利 特になし ★★★★ 独学 通信 公式テキスト

漢検(日本漢字能力検定)試験概要

受験資格 不問
試験内容
1級:
大学・一般程度
常用漢字を含めて約6000字の漢字(JIS第一・第二水準を目安)の音訓を理解し、文章の中で適切に使えるレベル。

準1級:
大学・一般程度
常用漢字を含めて約3000字の漢字(JIS第一水準を目安)の音訓を理解し、文章の中で適切に使えるレベル。

2級:
高校卒業・大学・一般程度
すべての常用漢字(2136字)を理解し、文章の中で適切に使えるレベル。

準2級:
高校在学程度
常用漢字のうち1940字を理解し、文章の中で適切に使えるレベル。

3級:
中学校卒業程度
常用漢字のうち1607字を理解し、文章の中で適切に使えるレベル。

4級:
中学校在学程度
常用漢字のうち1322字を理解し、文章の中で適切に使えるレベル。

5級:
小学校6年生修了程度
小学校第6学年までの学習漢字(1006字)を理解し、文章の中で漢字が果たしている役割に対する知識を身に付け、漢字を文章の中で適切に使えるレベル。

6級:
小学校5年生修了程度
小学校第5学年までの学習漢字(825字)を理解し、文章の中で漢字が果たしている役割を知り、正しく使えるレベル。

7級:
小学校4年生修了程度
小学校第4学年までの学習漢字(640字)を理解し、文章の中で正しく使えるレベル。

8級:
小学校3年生修了程度
小学校第3学年までの学習漢字(440字)を理解し、文や文章の中で使えるレベル。

9級:
小学校2年生修了程度
小学校第2学年までの学習漢字(240字)を理解し、文や文章の中で使えるレベル。

10級:
小学校1年生修了程度
小学校第1学年の学習漢字(80字)を理解し、文や文章の中で使えるレベル。
合格率 55.20%
願書受付期間 4~5月・7~9月・11~12月
試験日程 6月下旬・10月下旬・2月上旬
受験地 全国主要都市
受験料
1級:
4500円
準1級:
4000円
2級:
3500円
準2・3・4級:
1800円
5・6・7級:
1500円
8・9・10級:
1000円
合格発表日 検定日の約30日後にWeb上で、約40日後に郵送で通知
受験申込・問合せ 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
〒600-8585 京都府京都市下京区烏丸通松原下る五条烏丸町398
TEL 0120-509-315
月~金 9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)
ホームページ 日本漢字能力検定
http://www.kanken.or.jp/kanken/