測量士/測量士補 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 建築・土木 » 測量士/測量士補

測量士/測量士補

土地を開発・利用したり、住宅や商業施設を建築したりする際に、基礎となるデータを取るのが測量士の役割であり、社会的需要の高い職業です。測量士は、測量計画を作成・実施する最終責任者であり、測量士補は、主として現場で実際の測量をおこないます。試験はいずれも筆記試験となっています。

資格詳細
住宅から高層ビル、道路、橋、ダムに至るまで、大小さまざまな建築物がありますが、それらすべてに共通して必要な段階が「測量」です。土地の位置や高さ、長さ、面積などを精密に計測し、建造物の建築に不可欠な予定地のデータを収集するのが測量ですが、その専門家として、測量士および測量士補の資格があります。あらゆる地域の開発計画や建築物の建設条件を決める重要な仕事であり、国土交通省の国土地理院が所管する国家資格となっています。

活躍場所
測量士のほとんどは、専門の測量会社に勤務しています。測量法という法律により、測量会社の営業所には1名以上の測量士または測量士補を配置することが義務づけられています(必置資格)。測量会社に所属して、依頼に応じて測量をおこないますが、測量には、建造物や道路の施工に必要な「土木測量」のほか、精密な地図の作成のための「地図測量」、行政書士などと連携して個人や法人が所有する土地の広さを記録する「地籍測量」があります。

収入
測量士の収入は、社会的意義の高い専門技術職であるにも関わらず、さほど優遇されてはいません。平均年収は400万円ほどと、一般的なサラリーマンとあまり変わらないのが現状です。これには測量会社のほとんどがいわゆる中小企業だという状況も影響しています。収入アップを目指すなら、測量士の資格のほかに、行政書士や土地家屋調査士といった資格をあわせて取得し、地籍測量などへと業務の幅を広げることが必要になってくるでしょう。

将来性
公共性の高さがむしろ災いして、昨今の公共工事の予算削減などのあおりを喰って、測量士の現状は恵まれているとは言えません。一般の工事も全体的にコスト削減の傾向にあり、当然、測量にかける費用にも影響しています。しかしながら、絶対に需要がなくならない仕事であり、日本全体の景気によって大きく改善される見込みがある業界です。今後、国土強靭化などの政策が進展してゆけば、必然的に測量士の評価もあがってゆくでしょう。

向いている人
意外とデスクワークも少なくありませんが、測量は基本的に野外活動です。町なかだけでなく、ときには山の奥地まで、機材をかかえて出動することもありますので、体力と健康は非常に大切な要素です。知識面では、三角関数などの数学も欠かせないので、計算が得意な人に向いています。また、現場ではさまざまな機械をもちいますし、現在では測量もデジタル化が進んでいるので、機械が苦手な人は苦労するかもしれません。

取得方法
測量士および測量士補は、国土交通省の国土地理院が認定する国家資格です。国家試験に合格するか、特定の教育機関で測量に関する専門教育を修了することで取得できます。後者の場合、学校を卒業後、一定期間の実務経験も求められますが、測量士補から測量士になる場合には、実務経験が求められません(測量士補になる段階で経ているため)。なお、国家試験で取得する場合は、合格率が低く、かなりの難関となっています。



測量士/測量士補資格の難易度偏差値

測量士 測量士補
偏差値59 偏差値47
普通
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 測量士(測量士補)試験 合格
平成○年○月○日 測量士(測量士補) 登録
所轄・主催:
国土交通省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

測量士/測量士補資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 就職や転職にやや有利 業務独占資格 ★★★★★ 独学 通学

測量士/測量士補試験概要

受験資格 不問
試験内容
測量士

・測量関連法規・条約
・多角測量
・汎地球測位システム測量
・水準測量
・地形測量
・写真測量
・地図編集
・応用測量
・地理情報システム

測量士補

・測量に関する法規
・多角測量
・汎地球測位システム測量
・水準測量
・地形測量
・写真測量
・地図編集
・応用測量
合格率 40.7%(測量士補)
願書受付期間 1月上旬~2月中旬
試験日程 5月
受験地 札幌・仙台・秋田・東京・富山・長野・静岡・名古屋・大阪・松江・広島・高松・大宰府・鹿児島・那覇など
受験料
測量士:
4250円
測量士補:
2850円
合格発表日 7月下旬
受験申込・問合せ 国土交通省 国土地理院 総務部総務課試験登録係
〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
TEL 029-864-8214・8248
FAX 029-864-1807
(問い合わせ時間は平日8:30~12:00及び13:00~17:15)
ホームページ 測量士・測量士補国家試験及び登録|国土地理院
http://www.gsi.go.jp/LAW/SHIKEN/SHIKEN-top.htm