歯科衛生士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 医療 » 歯科衛生士

歯科衛生士

歯科衛生士は、歯科医の治療を円滑にするためのサポートや受付事務など、歯科医院でのアシスタント業務を幅広くおこなう仕事です。また、単なるアシスタントのみならず、歯垢や歯石の除去作業や薬剤の塗布、歯磨きや食生活の指導など、直接的に人々の歯の健康に寄与します。資格取得者に女性が多いのも特徴です。

資格詳細
歯科衛生士とは、歯科予防処置や歯科診療補助、歯科保健指導などをおこなう歯科医療職です。1948年に制定された歴史ある国家資格であり、歯科衛生士法にもとづいて厚生労働大臣から免許が発行されます。歯科医師の指示のもと業務をおこなうので、歯科衛生士単独で診断や治療、レントゲン撮影などはできません。なお、類似職の歯科助手は国家資格ではなく、歯科衛生士とは異なります。また、よく知られているとおり、女性がほとんどを占める職業です。

活躍場所
歯科衛生士の職場は、歯科診療所をはじめ、病院の歯科、保健所、保健センター、老人保健施設などです。それら施設に勤務し、患者さんに歯ブラシの使い方や歯の健康をたもつ食生活の指導をおこなったり、歯科医師の診療補助や歯科疾患予防処置(歯垢や歯石の除去、薬の塗布など)をほどこしたりします。求人においては、医療施設だけでなく、歯ブラシメーカーなど歯科衛生関連企業からの募集もあり、それらの企業で活躍している歯科衛生士も少数ながら存在します。

収入と将来性
歯科衛生士養成学校の卒業者は毎年7000人以上をかぞえますが、離職率が高いため、看護師と同様の人手不足におちいっています。そのため非常に就職率が高いのが特徴です。また、結婚や出産で退職後にも復職がしやすく、パートや非常勤での募集も多いため、主婦などの女性が働きやすい職業でもあります。人手不足がなかなか解消されない一方、社会の高齢化によって歯の治療が必要な人は増えており、歯科衛生士の需要は高まっています。特に女性にとって、将来性のある職業のひとつです。

向いている人
歯科医の診療補助においては、状況判断にすぐれ、テキパキと要領よく動ける人に向いていると言えます。しかし歯科衛生士には、患者さんへの指導という重要な役割もあるので、人あたりよく、子どもやお年寄りとも親しく接することができるコミュニケーション能力もほしいところです。歯科衛生士は法律で女性に限定されていましたが、現在では男性でも資格を取ることができます。しかし以前の名残から養成校の多くが募集を女性に限定しており、現役衛生士のほぼ100%が女性という状況はなかなか変わりそうになく、男性には不利な職業と言わざるをえません。

取得方法
歯科衛生士の国家資格は、文部科学大臣指定の歯科衛生士学校または厚生労働大臣指定の歯科衛生士養成所を卒業後、国家試験に合格することで取得できます。養成校は3年制以上の専門学校および短期大学が一般的で、全国に155校あり、なかには夜間制の学校もあります。歯科医療の高度化にともない、最近は大学や大学院にも養成課程が設置されていることがあります。国家試験の合格率は95%を超え、学校での勉強をきちんとしていれば、まず不合格となることはないでしょう。



歯科衛生士資格の難易度偏差値

偏差値44
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 歯科衛生士免許 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

歯科衛生士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 就職や転職にやや有利 業務独占資格 ★★★★★ 通学

歯科衛生士試験概要

受験資格 ・文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校を卒業した者
・厚生労働大臣の指定した歯科衛生士養成所を卒業した者
・外国の歯科衛生士学校を卒業、または外国において歯科衛生士免許を得た者で、厚生労働大臣が前記に掲げる者と同等以上の知識および技能を有すると認めた者
試験内容 ・人体(歯・口腔を除く)の構造と機能
・歯・口腔の構造と機能
・疾病の成り立ちおよび回復過程の促進
・歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み
・歯科衛生士概論
・臨床歯科医学
・歯科予防処置論
・歯科保健指導論
・歯科診療補助論
合格率 96.20%
願書受付期間 1月上旬~中旬
試験日程 3月上旬
受験地 北海道・宮城・東京・新潟・愛知・大阪・広島・香川・福岡・沖縄
受験料 14300円
合格発表日 3月下旬
受験申込・問合せ 一般財団法人 歯科医療振興財団
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-1-20 歯科医師会館内
TEL:03-3262-3381
ホームページ 一般財団法人 歯科医療振興財団
http://www.dc-training.or.jp/siken.html