歯科医師 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 医療 » 歯科医師

歯科医師

歯の健康を守る歯科医師は、現在の高齢化社会においてますます果たす役割が重要になってきました。しかし一方で、社会問題となっている医師不足とは対照的に、歯科医師のほうは若干、供給過剰の傾向があります。資格を得て歯科医師となったあとも、着実に経験をかさねてスキルアップを目指さなければ、生き残りは厳しいかもしれません。

資格詳細
いわゆる「歯医者さん」として身近な存在である歯科医師は、歯や歯茎など人間の口の中を診察・治療する専門家です。日本では、明治維新より前からすでに通常の医師とは別に専業の歯科医がいましたが、明治16年には西洋の制度にならって法的にも医師から独立し、現在に至っています。医師と同様、国家試験に受かって歯科医師免許を取得する国家資格となっています。現在、歯科医師の数は10万人を超えており、うち2割程度を女性が占めています。

活躍場所
歯科医師は、医師にくらべて、開業医が多いという特徴があります。およそ半数以上が開業医であり、みずから歯科医院を経営し、虫歯や歯周病を治療するほか、口腔ケアや歯列矯正、審美歯科など、口の中のトラブル全般を取り扱います。病院につとめる勤務医の場合、大学病院のような大規模なところでは、一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科などと細分化・専門化されていることもあります。ほかにも、大学や研究所で働く研究医、厚生労働省系の技官、化粧品会社や製薬会社に勤務する人もいます。

収入
歯科医師の収入は、常勤の勤務医の場合、平均450万から800万円ほどの年収が相場ですが、勤務先や経験により差がつきます。独立した開業医の場合は、ピンからキリまでと言ってよいほどの差があるのが実態です。立地条件による患者の来院数に大きく左右されますし、歯列矯正やインプラント、ホワイトニングなどの保健外診療の技術があるかどうか、そしてその技術に定評があるかどうかによっても大きく変わってきます。現実には、赤字経営になってしまっている開業医も少なくありません。

将来性
歯科医師の将来性をあやうくする問題が、「歯科医の数が多すぎる」という現状です。人口減少により、患者の数は減り続けているのに対し、歯科医の数は多いどころかさらに増えており、明らかな供給過多となっています。都市部など人口の多い地域では過当競争を強いられ、廃業に追い込まれる歯科医師も少なくありません。開業医の場合、小児歯科や矯正歯科、審美歯科などの専門分野をかかげたり、設備やインテリアに工夫をこらすなど、なにかしらの特徴がないと生き残ることが難しくなっています。

向いている人
人の口の中という小さな空間で精密な作業をおこなう歯科医師は、手先の器用な人に向いている仕事です。命に関わるほどの医療ミスは起きにくい分野ですが、再生しない歯が相手であるため、高い集中力も求められます。特に開業医の場合は、歯科衛生士や歯科助手、事務スタッフなどを雇ってチームワークで働きますし、患者さんとは密に接近して施術するため、人柄のよさやコミュニケーション能力も大切になってきます。また、過当競争のなかでは、最新の技術を追い続けることも重要なので、勉強熱心な人ほど成功しやすいでしょう。

取得方法
歯科医師は、国家試験に合格することで取得できる国家資格です。高校卒業後、厚生労働省が指定する歯科大学および大学の歯学部を卒業しなければ、試験を受けることができません。取得後も1年間の研修期間があります。大学は、学費に大きな差があるので、国公立に人気が集中しており、一方、私立にはほぼ無競争状態になっている学校もあります。しかし国家試験の難易度は、増えすぎた歯科医師数を抑制するために、年々、高度になっており、合格が難しくなっている傾向にあります。



歯科医師資格の難易度偏差値

偏差値63
難関

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 歯科医師免許 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

歯科医師資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 就職や転職にかなり有利 業務独占資格 ★★★★★ 通学

歯科医師試験概要

受験資格 ・大学において歯学の正規の課程を修めて卒業した者(3月までに卒業見込みの者を含む)
・歯科医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療および口腔衛生に関する実地修練を経たもの(3月までに実地修練を終える見込みの者を含む)
・外国の歯科医学校を卒業、または外国で歯科医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が上記に掲げる者と同等以上の学力および技能を有し、かつ適当と認定したもの
・沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令の規定により歯科医師法の規定による歯科医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣が認定したもの
試験内容
試験内容

臨床上必要な歯科医学および口腔衛生に関して、歯科医師として具有すべき知識および技能
合格率 71.20%
願書受付期間 11月上旬~下旬
試験日程 2月上旬
受験地 北海道・宮城・東京・新潟・愛知・大阪・広島・福岡
受験料 18900円
合格発表日 3月中旬
受験申込・問合せ 各地方厚生局および支局

厚生労働省 医政局歯科保健課
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1丁目2番2号
TEL 03(5253)1111
ホームページ 歯科医師国家試験の施行について|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/shikaishi/