機械設計技術者試験 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 工業 » 機械設計技術者試験

機械設計技術者試験

機械設計技術者試験は、大規模プラントから身近な家庭用製品に至るまで、さまざまな機械の設計にたずさわる技術者に向けた民間の資格認定試験で、日本機械設計工業会が主催しています。資格は1級から3級まであり、3級の受験資格では実務経験が問われないので、機械工学系の学生もチャレンジが可能。現役の技術者にとっては、スキルアップとビジネスチャンスの拡大に役立つ実用的な資格試験となっています。

機械設計技術者試験資格の難易度偏差値

1級 2級 3級
偏差値66 偏差値63 偏差値57
難関
難関
普通

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 機械設計技術者試験○級 合格
所轄・主催:
一般社団法人日本機械設計工業会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

機械設計技術者試験資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 キャリアアップ(優) 特になし ★★★ 独学 講習 通信 公式テキスト

機械設計技術者試験試験概要

受験資格
1級

・2級取得後、実務経験4年以上

2級

・工学系の大学院、大学、高専専攻科の卒業者で実務経験3年(3級取得者は2年)以上
・工学系の短大、高専、専門学校の卒業者で実務経験5年(3級取得者は4年)以上
・工学系以外の学校(工業高校を含む)の卒業者で実務経験7年(3級取得者は6年)以上

3級

・不問
試験内容
1級

機械および装置の基本仕様決定に必要な計算、構想図の作成などの基本設計業務を行なえる能力に達した技術者が対象。
・選択科目:以下より1科目を選択
 ・自動機、専用機などの産業機械
 ・コンベヤー、クレーンなどの荷役・運搬機械
 ・公害防止、環境整備などの化学・環境機械
・設計管理
・環境経営
・機械設計総合基礎
・小論文:1000~1500字程度

2級

基本設計に基づき、機械および装置の機能・構造・機構などの具体化を図る計画設計業務を行なえる能力に達した技術者が対象。
・機械工学基礎
 機構学、機械要素、材料力学、機械力学、流体工学、熱工学、制御工学、工業材料、機械製図
・機械工学基礎の設計への応用・総合
・環境・安全の知識

3級

機械や装置の詳細設計の補佐、ならびに関連する製図などの業務を行なえる能力に達した技術者、または機械設計全般の基礎知識を習得した学生が対象。
・機械工学基礎
 機構学、機械要素設計、機械力学、制御工学、工業材料、材料力学、流体・熱工学、工作法、機械製図
合格率 32.5%(3級)
願書受付期間 8月中旬~9月下旬
試験日程 11月中旬
受験地 北海道・青森・東京・新潟・愛知・石川・大阪・広島・香川・愛媛・福岡・熊本・鹿児島・沖縄
受験料
1級:
30000円
2級:
20000円
3級:
8000円
合格発表日 1月下旬
受験申込・問合せ 一般社団法人 日本機械設計工業会 本部事務局内 試験センター
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町15-15 ルネ小舟町ビル3F
TEL:03-3639-2204 FAX:03-3639-3006
ホームページ (一社)日本機械設計工業会ホームページ 試験
http://www.kogyokai.com/siken-1.html