検査分析士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 工業 » 検査分析士

検査分析士

社会のさまざまな場面で活用される分析技術。とりわけ各種の特殊な機械をもちいた「機器分析」は、検査分析の分野で欠かせない技術となっています。この機器分析の専門技術向上と地位向上を目指し、専門家を認定する資格として、検査分析士の民間資格があります。特級、上級、初級の3つの級位が用意されており、上級と初級は筆記試験、上級はさらに面接試験があります。特級は上級合格者のみが挑戦できるレポート審査となります。

検査分析士資格の難易度偏差値

特級 上級 初級
偏差値54 偏差値50 偏差値43
普通
簡単
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 検査分析士○級 合格
所轄・主催:
特定非営利活動法人分析産業人ネット
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

検査分析士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

検査分析士試験概要

受験資格
特級:
上級合格者
上級:
不問
初級:
不問
試験内容
特級

・レポート(テキスト)作成
 ・テーマ「自らのもつ知識を体系的に伝えられる」

上級

・4択選択問題
 ・基礎的な知識を問う試験
・記述式
 ・専門的な知識と経験を2つの手法について問う試験
・面接試験

初級

・選択式試験
 ・検査分析士の基本知識
 ・分析の目的と対象
 ・機器分析の基本
 ・分析のプロセス
 ・湿式分析法
 ・光をもちいた分析法
 ・分離分析法
 ・PH計
 ・機器分析室の管理
合格率 70%程度(初級)
願書受付期間
特級:
随時
上級:
5月上旬~7月下旬
初級:
5月上旬~7月下旬
試験日程
特級:
通年
上級:
7月下旬
初級:
7月下旬
受験地 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡
受験料
特級:
10000円
上級:
20000円
初級:
10000円
※特級合格時に20000円必要
合格発表日
特級:
レポート提出後
上級:
9月上旬
初級:
8月中旬
受験申込・問合せ 特定非営利活動法人 分析産業人ネット(PAI-NET)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目6番地 淡路ビル4階
TEL:03-5294-3115 FAX:03-5294-3344
ホームページ 特定非営利活動法人 分析産業人ネット
http://pai-net.or.jp/qualification/