栄養士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク


栄養士

栄養士は、養成施設にて専門課程を修了し、卒業後、都道府県知事に申請することで取得できる資格です。ただし夜間部や通信教育課程では認可がおりない点に注意してください。

資格詳細
栄養士とは、栄養士法により「栄養の指導に従事する者」と定義される国家資格です。法律上の定義は実にシンプルですが、食育や食生活相談など、食に関するアドバイザーとして幅広く活躍できる資格です。実質的な上位資格として「管理栄養士」の国家資格もあり、その国家試験を受けるには栄養士の資格が必要です(管理栄養士養成施設の卒業者でない場合)。なお、栄養士の資格は無試験で取得することができます。

活躍場所
栄養士の主な活躍場所は、学校や企業の特定給食施設です。そこで栄養の指導や献立の作成をおこないます。また、病院や福祉施設、介護保険施設、保健所、スポーツ施設、フィットネスクラブなどで活躍する栄養士もいます。防衛施設に勤務して、自衛隊員たちの健康維持および増進につとめたり、刑務所などの矯正施設の給食を管理することもあります。地域活動として、非常勤で栄養指導の技術を活用している有資格者もいます。活躍の場は非常に広範です。

収入と将来性
日本人は栄養への関心が昔から高いですが、近年はより深く専門的になり、ニーズが細分化された結果、栄養士の活動領域は広がりつづけています。スポーツ施設におけるダイエット相談などは、その端的な例と言えるでしょう。また、社会構造の変化にともない、介護保険施設での需要が高まっている点も将来性において重要です。病院などでは、臨床栄養学などの知識がある管理栄養士のほうが重宝される傾向にあり、収入の面でも栄養士より優遇されやすいので、栄養士からのステップアップを目指したいところです。

向いている人
食べることや料理することが好きで、さらに食と健康の関連に興味がある人に向いています。ただし栄養士の資格は、栄養士養成施設を卒業する必要があることと、それら施設には実習などの関係上、夜間部や通信教育課程が存在しないという点に注意が必要です。昼間制の学校に通学せねばならないため、社会人が栄養士を目指す場合には通学のために仕事を辞めざるをえなくなるかもしれません(最低2年間)。また、養成施設には女子大学や女子短大が多いため、男性には不利な側面があります。

取得方法
栄養士の資格は、厚生労働大臣が指定する栄養士養成施設または管理栄養士養成施設にて必修科目(50単位)を修めて卒業し、都道府県に申請することで取得できます。国家試験はありません。養成施設には4年制の大学と2年制の短大および専門学校がありますが、いずれを卒業しても栄養士としての資格は変わりません。栄養士の資格を取得したあと、管理栄養士の国家試験を目指す場合には、実務経験が求められますが、必要な年数は卒業した施設の修行年限により変わります(4年制なら1年、2年制なら3年)。



栄養士資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 栄養士免許 取得
所轄・主催:
各都道府県
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

栄養士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 特になし 名称独占資格 ★★★★ 特になし

栄養士試験概要

受験資格 厚生労働大臣から栄養士養成施設として指定認可された学校(昼間部のみ)に入学し、その課程を履修して卒業した者
試験内容 厚生労働大臣から栄養士養成施設として指定認可された学校(昼間部のみ)に入学し、その課程を履修して卒業後、都道府県知事に申請することで取得できる。

栄養士養成施設には、修業年限4年の大学(管理栄養士養成施設と栄養士養成施設)、修業年限2年の短期大学および修業年限4年、3年、2年の各種専門学校があるが、どの学校を卒業しても栄養士の資格は同じ。
合格率 試験なし
願書受付期間 試験なし
試験日程 試験なし
受験地 試験なし
受験料 試験なし
合格発表日 試験なし
受験申込・問合せ 社団法人 全国栄養士養成施設協会
〒170-0004 東京都豊島区北大塚1-16-6 大塚ビル
TEL 03-3918-1022
ホームページ 全国栄養士養成施設協会
http://www.eiyo.or.jp/