林業技士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 環境 » 林業技士

林業技士

林業技士は、森林・林業に関する専門技術者を認定する民間資格です。林業経営、林業機械、森林土木、森林評価、森林環境、森林総合監理、森林土木、作業道作設の各部門に分かれており、森林土木部門はレポート提出、作業道作設部門は筆記試験、その他の部門は養成研修を受講してスクーリングに参加し、筆記試験に合格することで取得することができます。受験および受講資格として学歴や実務経験が細かく設定されているので注意が必要です。

林業技士資格の難易度偏差値

林業経営 林業機械 森林土木 森林評価 森林環境 森林総合監理 森林土木 作業道作設
偏差値37 偏差値37 偏差値37 偏差値37 偏差値37 偏差値37 偏差値37 偏差値37
超簡単
超簡単
超簡単
超簡単
超簡単
超簡単
超簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 林業技士 登録
所轄・主催:
一般社団法人日本森林技術協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

林業技士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

林業技士試験概要

受験資格
養成研修
(林業経営・林業機械・森林土木・森林評価・森林環境)
・大学院の林業関係学科卒業者で実務経験5年以上(その他の学科は10年以上)
・大学の林業関係学科卒業者で実務経験7年以上(その他の学科は10年以上)
・短大の林業関係学科卒業者で実務経験10年以上(その他の学科は12年以上)
・林野庁研修規定による養成研修専攻科の卒業者で実務経験10年以上
・高校の林業関係学科卒業者で実務経験12年以上(その他の学科は14年以上)
・その他の者で実務経験14年以上

養成研修
(森林総合監理)
・実務経験20年以上で森林の管理経営の業務に関して指導的立場での経験が10年以上
・実務経験10年以上で林業経営部門とその他の林業技師資格を有する者
・実務経験10年以上で技術士(林業部門)または博士号取得者、林業普及指導員のいずれかの資格を有する者

資格要求審査
(森林土木)
・1級土木施工管理技士で実務経験7年以上

資格要求審査
(作業道作設)
・林業経営部門の有資格者で作業道作設に関する実務経験5年以上(作設経験20㎞以上)
・林業に関する実務経験が学歴ごとに異なる所定の年数以上で作業道作設に関する実務経験5年以上(作設経験20㎞以上)
試験内容
養成研修
(通信研修とスクーリング研修)

林業経営

・森林管理
・森林造成
・生産技術
・間伐技術
・労働安全衛生
・森林計画の実際
・保安林制度
・集約化施業の実際
・木材加工流通
・森林測量

林業機械(森林作業システム)

・林業機械化総論
・架線集材
・機械化作業システム
・労働安全衛生
・作業道作設

森林土木

・林道技術
・治山技術
・森林土木における地質と地形
・保安林制度
・労働安全衛生
・作業システムと路網計画
・生物多様性保全と森林土木

森林評価

・林地評価(基準と実務)
・立木評価
・林業税制
・森林測定
・森林の新しい経済的価値
・境界確定

森林環境

・森林生態系と森林管理
・生物多様性保全(動物)
・生物多様性保全(植物)
・森林景観評価
・環境関係法規
・環境影響評価実務

森林総合監理

・持続可能な森林管理
・森林認証問題
・森林計画の実際
・森林・林業の国際動向
・作業システムと路網計画
・集約化施業の実際
・新しい森林の価値
・森林情報のIT化


資格要求審査


森林土木

・レポート提出
 ・林道技術
 ・治山技術
 ・保安林制度
 ・労働安全衛生
 ・作業システムと路網計画

作業道作設

・筆記試験
 ・森林施業と作業システム
 ・作業道の路線選定
 ・作業道の作設
合格率 75.80%
願書受付期間
養成研修:
5月上旬~6月下旬
資格要求審査:
7月上旬~8月下旬
試験日程
養成研修(通信研修):
8月上旬~9月下旬
養成研修(スクーリング):
11月上旬~12月下旬

資格要求審査(課題提出):
10月上旬~11月上旬
資格要求審査(筆記試験):
11月上旬
受験地
養成研修(スクーリング):
東京
資格要求審査(筆記試験):
東京
受験料
養成研修

通信研修:
32400円
スクーリング:
27000円
スクーリング(林業経営):
33700円

資格要求審査:
32400円
合格発表日 2月中旬
受験申込・問合せ 一般社団法人 日本森林技術協会
〒102-0085 東京都千代田区六番町7番地
TEL:03-3261-5281 FAX:03-3261-5393
ホームページ 一般社団法人日本森林技術協会 Japan Forest Technology Association 林業技士
http://www.jafta.or.jp/contents/gishi/