有害液体汚染防止管理者 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 航空・船舶 » 有害液体汚染防止管理者

有害液体汚染防止管理者

海の環境に被害をおよぼす輸送船の大事故といえば石油タンカーの難破が代表的ですが、石油以外の有害な液体を運ぶ船の事故もまた、海洋環境に大きな影響をあたえます。そのため、有害液体物質を輸送する総トン数200トン以上の船舶には、有害液体の取り扱いに精通した専門家である「有害液体汚染防止管理者」の乗り組みが法律で義務づけられています。この国家資格は3日間(座学2日、実習1日)の講習を修了することで取得できます。

有害液体汚染防止管理者資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 有害液体汚染防止管理者 取得
所轄・主催:
一般財団法人海上災害防止センター
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

有害液体汚染防止管理者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 特になし 業務独占・必置資格 ★★★★ 特になし

有害液体汚染防止管理者試験概要

受験資格 不問
※認定証の交付には船舶に乗り込んで作業に従事した経験が必要
試験内容 講習内容
・座学(2日間)
 ・有害液体物質関係法規
 ・保護具・検知器の概要
 ・有害液体物質の性状
 ・有害液体物質の取扱い
 ・流出有害液体物質への対応
 ・保護具・検知器の取扱い
・実習(1日間)
 ・消防実習
 ・保護資材・機材、検知器取扱い
合格率 試験なし
願書受付期間 講習開始日の1カ月前まで
試験日程 2月中旬(3日間)
受験地 神奈川
受験料 122281円
※施設利用料および昼食費込み
合格発表日 講習修了後
受験申込・問合せ 一般財団法人 海上災害防止センター 防災訓練所
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい4-4-5 横浜アイマークプレイス6階
TEL:045-224-4321 FAX:045-224-4312
ホームページ 一般財団法人 海上災害防止センター
http://www.mdpc.or.jp/contents/gyoumu/index03.html