救急救命士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 医療 » 救急救命士

救急救命士

医師の指示のもと、救急の現場や救急車のなかで、命の危機にひんした傷病者の気道確保や心拍回復、輸液処置などをおこなえるのが救急救命士の国家資格です。緊急事態に適切な対処をおこない、瀕死の人々を救い出すという、責任重大ながら、とてもやりがいのある仕事です。

資格詳細
病気や怪我によって身動きもままならなくなった人を助けるために出動する救急車。そこに乗り込んで傷病者を搬送するのが、救急隊員の使命ですが、以前は、医師の資格がないということで医療行為をおこなうことができませんでした。より多くの人命を救うために、救急車内で応急の救命処置ができる「救急救命士」が制度化されたのは、意外に新しく1991年のことでした。現在では、医療スキルを持つ救急隊員は、なくてはならない存在であり、救急救命士もれっきとした国家資格になっています。

活躍場所
救急救命士は、通常、消防署に消防官として勤務します。事故や火事のしらせを受けたら、他の救急隊員たちとともに救急車に乗って出動し、現場に危篤状態の傷病者がいれば、気道確保や電気ショック、薬剤投与や点滴などの蘇生処置をほどこします。消防庁では、3人の救急隊員のうち1名は救急救命士の有資格者であることが望ましいとされています。基本的に消防署の隊員なので、平時にはデスクワークもありますし、出動件数が少ない地域では消防士としての仕事も兼務します。

収入
救急救命士のほとんどは消防署に所属するので、地方公務員です。収入は自治体により差がありますが、500万から600万円程度の平均年収が見込めます。初任給は高卒15万円、大卒17万円程度です。超過勤務手当や夜勤手当もあるので、不規則なハードワークに見合った報酬は保証されていると言ってよいでしょう。自治体によっては寮が完備されていたり、消防士専用の団体保険に加入できたりもします。

将来性
消防の救急隊は、社会に不可欠な存在ですので、将来性に不安がない職業です。東日本大震災のあと、防災意識の高まりとともに、各自治体で救急隊員の増員をはかる動きが広まりました。そのなかでも救急救命士の資格を持つ人材は、傷病者の生存を大いに助けることができるので、社会的意義もきわめて高く、今後さらに優遇される可能性もあるでしょう。将来的にもニーズが上昇してゆくであろう国家資格です。

向いている人
救急救命士は、基本的に消防の救急隊員ですので、なによりも体力がまず必要です。通常24時間体制で勤務するので、不規則な生活になるため、体力だけでなく精神面での強さも求められます。人の生死に深く関わる仕事だという意味でも、精神的なタフネスが重要になります。そして「救命」という尊い使命をまっとうするために、強い責任感も欠かすことができません。心身ともに厳しい仕事ですが、世のため人のために身命を賭すという、非常にやりがいのある職業です。

取得方法
救急救命士は、国家試験に合格することで取得できる国家資格です。受験資格として、高校卒業後、2年以上、救急救命士養成所で勉強する必要があります。資格を取得した上で実務に就くには、消防署の消防官であるため、当然ながら消防官採用試験に合格する必要もあります。



救急救命士資格の難易度偏差値

偏差値45
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 救急救命士免許 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

救急救命士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 専門的資格(良) 名称独占資格 ★★★★★ 通学

救急救命士試験概要

受験資格 ・大学に入学することができる者であって、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した救急救命士養成所において、2年以上救急救命士として必要な知識および技能を修得したもの(3月までに修業または卒業する見込みの者を含む)
・大学もしくは高等専門学校、または救急救命士法施行規則に規定する学校、文教研修施設もしくは養成所において1年(高等専門学校は4年)以上修業し、かつ厚生労働大臣の指定する科目を修めた者であって、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した救急救命士養成所において、1年以上救急救命士として必要な知識および技能を修得したもの(3月までに修業または卒業する見込みの者を含む)
・大学(短期大学を除く)において厚生労働大臣の指定する科目を修めて卒業した者(3月までに卒業する見込みの者を含む)
・消防法に規定する救急業務に関する講習で規則第14条に規定するものの課程を修了し、5年(救急活動を行った時間が2000時間に至った場合においては、それまでの間に救急業務に従事した期間)以上救急業務に従事した者
ほか
※受験資格は多岐に渡るので事前に要確認
試験内容 ・基礎医学(社会保障・社会福祉、患者搬送を含む)
・臨床救急医学総論
・臨床救急医学各論
 (一)臓器器官別臨床医学
 (二)病態別臨床医学
 (三)特殊病態別臨床医学
合格率 83.1%
願書受付期間 1月上旬~下旬
試験日程 3月上旬
受験地 北海道・東京・愛知・大阪・福岡
受験料 30300円
合格発表日 3月下旬
受験申込・問合せ 一般財団法人 日本救急医療財団
〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目37番4号HF湯島ビルディング7階
電話番号 03(3835)0099
FAX番号 03(3835)0299
ホームページ 一般財団法人日本救急医療財団
http://www.qqzaidan.jp/siken.html