救命艇手/限定救命艇手 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 航空・船舶 » 救命艇手/限定救命艇手

救命艇手/限定救命艇手

非常事態におちいった船から人々を助け出すために活躍する救命艇。その操作をおこなうには、救命艇手または限定救命艇手の資格が求められます。船員や旅客の誘導、救命設備の操作のほか、救命艇に食糧や道具を積み込むのも救命艇手の役割です。国外を航海する船には、救命艇手の資格が必要で、限定救命艇手の場合、国内かつ膨張式救命イカダのみ取り扱うことができます。

救命艇手/限定救命艇手資格の難易度偏差値

救命艇手 限定救命艇手
偏差値36 偏差値36
超簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 救命艇手 合格
所轄・主催:
国土交通省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

救命艇手/限定救命艇手資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(良) 業務独占資格 ★★★★★ 独学 講習

救命艇手/限定救命艇手試験概要

受験資格 ・18歳以上
・健康証明書を所持

救命艇手
・遠洋区域もしくは近海区域を航行区域とする船舶または総トン数500トン以上の漁船に1年以上甲板部の職員または部員として乗り組んだ者
・その他の船舶に2年以上甲板部の職員又は部員として乗り組んだ者
・その他の船舶に3年(救命艇手)または1年(限定救命艇手)以上乗り組んだ者
※6ヵ月以上の船舶乗船経験者で以下のいずれかに該当する者は試験不要。
・海技士(航海、機関、通信)のいずれかの資格にかかる海技従事者
・大学、高等専門学校、高等学校において救命艇の操作に関する教科課程を修めて卒業した者
・海技大学校、海員学校、海上保安大学校、海上保安学校または、水産大学校を卒業した者
・国土交通省が認定した講習を修了した者

限定救命艇手
・船舶に6ヶ月以上乗り組んだ者
試験内容 救命艇手
筆記試験

・救命艇、いかだ内の措置
・衝突、火災、沈没等非常事態の知識
・非常任務、消火知識
・救命艇の種類等の知識
・設備・構造知識
・救命艇推進装置の知識
実技試験

・救命胴衣の知識
・救命艇の起こし方
・救命艇の表示・医療措置

限定救命艇手(講習)
筆記講習

・船員としての一般知識
・操練に関する知識
・旅客の誘導に関する知識
・膨張式救命いかだ、救命設備及び信号装置に関する知識
・船員法その他船員の安全及び衛生に関する法令
実技講習

・救命器具及び信号装置の取扱方法
・膨張式救命いかだの取扱方法
・膨張式救命いかだの艤装品の取扱方法
合格率 非公開
願書受付期間
救命艇手:
不定期
試験日程
救命艇手:
不定期
※地方運輸局長により告示

限定救命艇手:
国土交通省より委託講習を受けた所で受講
受験地
救命艇手:
不定
※地方運輸局長により告示

限定救命艇手:
国土交通省より委託講習を受けた所で受講
受験料 5000円
合格発表日
救命艇手:
不定期
受験申込・問合せ 各地方運輸局 船員労働環境・海技資格課
ホームページ 救命艇手規則
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S37/S37F03901000047.html