放射線取扱主任者 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 工業 » 放射線取扱主任者

放射線取扱主任者

病院や大学などの教育機関、研究機関、民間企業などでは、放射性同位元素や放射線発生装置が利用されています。放射線取扱主任者は、それらの施設に勤務し、放射線障害を防止するための管理・監督をおこないます。原子力規制委員会が管轄する国家資格であり、受験資格は無制限ですが、合格するためには高度な専門知識が求められます。

放射線取扱主任者資格の難易度偏差値

第1種 第2種
偏差値57 偏差値56
普通
普通

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 第○種放射線取扱主任者免状 取得
所轄・主催:
環境省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

放射線取扱主任者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 専門的資格(優) 必置資格 ★★★★★ 独学 講習

放射線取扱主任者試験概要

受験資格 不問
試験内容 筆記試験(択一式のマークシート方式)

第1種試験
(2日間)
・物理学、化学及び生物学のうち放射線に関する課目
・物理学のうち放射線に関する課目
・化学のうち放射線に関する課目
・放射性同位元素および放射線発生装置による放射線障害の防止に関する管理技術ならびに放射線の測定技術に関する課目
・生物学のうち放射線に関する課目
・放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律に関する課目

第2種試験

・放射性同位元素による放射線障害の防止に関する管理技術I
・放射性同位元素による放射線障害の防止に関する管理技術II
・放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律に関する課目
合格率 23.2%(第1種)
願書受付期間 5月中旬~6月中旬
試験日程 8月下旬
受験地 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡
受験料
第1種:
13900円
第2種:
9900円
合格発表日 10月下旬
受験申込・問合せ 公益財団法人 原子力安全技術センター 主任者試験グループ
〒112-8604 東京都文京区白山5-1-3-101 東京富山会館ビル4階
TEL (03)3814-7480 FAX (03)3814-4617
ホームページ 原子力安全技術センター
http://www.nustec.or.jp/syunin/syunin01.html