資格の取り方 » 国家資格 » 建築・土木 » 採石のための掘削作業主任者

採石のための掘削作業主任者

伝統的に木材による建築が主流だった日本にも、石材の需要は少なからずあります。現在は重機などをもちいて岩石を掘り出しますが、そうした大規模な採石では土砂崩れなどを誘発して致命的な事故が発生する危険がともなうため、高さ2メートル以上の掘削面での作業には労働安全衛生法により作業主任者の有資格者の配置が義務づけられています。講習だけで取得できる国家資格ですが、受講のためには実務経験または職業訓練が必要です。


採石のための掘削作業主任者資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 採石のための掘削作業主任者 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2018年資格日程

願書受付
~2017年10月31日
試験日
2017年11月15日~2017年11月16日
合格発表
不明
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

採石のための掘削作業主任者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 専門的資格(可) 必置資格 ★★★★★ 特になし

採石のための掘削作業主任者試験概要

受験資格 ・大学、専門学校、高校で土木関係の学科を卒業後、2年以上の実務経験を有する者
・職業能力開発促進法に基づく普通職業訓練(石材科)を修了した者
・3年以上の実務経験を有する者
試験内容 講習内容
・岩石の種類、岩石の採取のための掘削の方法等に関する知識
・設備、機械、器具、作業環境等に関する知識
・作業者に対する教育等に関する知識
・関係法令
・修了試験
合格率 試験なし
願書受付期間 講習機関により異なる
試験日程 講習機関により異なる
受験地 全国各地の講習機関
受験料 講習機関により異なる
合格発表日 講習修了後
受験申込・問合せ 全国各地の講習機関
ホームページ 玉掛けなどの資格を探す|キャタピラー教習所
http://cot.jpncat.com/capa/