廃棄物処理施設技術管理者 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 環境 » 廃棄物処理施設技術管理者

廃棄物処理施設技術管理者

廃棄物処理施設技術管理者は、一般ゴミや産業廃棄物など、各種の廃棄物処理施設に設置が義務づけられている国家資格で、施設の維持管理に関する技術上の業務を担当する専門家です。施設ごとのコースに分かれた講習を修了し、能力認定試験に合格することで資格を取得できます。講習は、実務経験がない人に向けた「基礎・管理課程」と、所定の有資格者および実務経験者に向けた「管理課程」があり、後者は短期間で修了します。

廃棄物処理施設技術管理者資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 廃棄物処理施設技術管理者 取得
所轄・主催:
一般財団法人日本環境衛生センター
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

廃棄物処理施設技術管理者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 特になし 業務独占・必置資格 ★★★★ 特になし

廃棄物処理施設技術管理者試験概要

受験資格
基礎・管理課程

・20歳以上

管理課程

・技術士(化学部門、水道部門、衛生工学部門に係る2次試験合格者)
・その他の技術士で廃棄物処理実務経験1年以上
・環境衛生指導員として経験2年
・4年制大学の理学、薬学、工学、農学の課程にて衛生工学または化学工学などの科目を履修して卒業後、廃棄物処理実務経験2年以上
・4年制大学卒業後、廃棄物処理実務経験3年以上
・短大または高専の薬学、工学、農学の課程にて衛生工学または化学工学などの科目を履修して卒業後、廃棄物処理実務経験4年以上
・短大または高専の薬学、工学、農学の課程卒業後、廃棄物処理実務経験5年以上
・高校の土木科または化学科を卒業後、廃棄物処理実務経験6年以上
・高校卒業後、廃棄物処理実務経験7年以上(大学文系卒業者を含む)
・廃棄物処理実務経験10年以上
試験内容 講習内容(全コース共通)

基礎・管理課程
(8日間~10日間)
・廃棄物概論
・構造と維持管理
・安全対策と安全衛生管理
・測定・分析の実際

管理課程
(4日間)
・廃棄物処理法と関係法規
・管理監督の理論と実際
・廃棄物処理技術特論
・施設の運営管理
・施設整備の計画と実際
・処理機能の維持と評価
合格率 80%程度
願書受付期間 コース・会場により異なる
試験日程 コース・会場により異なる
受験地 北海道・宮城・東京・神奈川・愛知・大阪・広島・福岡
受験料
基礎・管理課程

ごみ処理施設コース:
118800円
し尿・汚泥再生処理施設コース:
118800円
破砕・リサイクル施設コース:
101520円
有機性廃棄物資源化施設コース:
101520円
産業廃棄物中間処理施設コース:
118800円
産業廃棄物焼却施設コース:
118800円
最終処分場コース:
118800円

管理課程

ごみ処理施設コース:
64800円
し尿・汚泥再生処理施設コース:
64800円
破砕・リサイクル施設コース:
64800円
有機性廃棄物資源化施設コース:
64800円
産業廃棄物中間処理施設コース:
64800円
産業廃棄物焼却施設コース:
64800円
最終処分場コース:
64800円
合格発表日 講習修了・能力認定試験終了後
受験申込・問合せ 一般財団法人 日本環境衛生センター
(大阪以東)東日本支局 研修事業課
〒210-0828 神奈川県川崎市川崎区四谷上町10-6
TEL:044-288-4919 FAX:044-288-4952
(広島以西)西日本支局 研修課
〒816-0943 福岡県大野城市白木原3-5-11
TEL:092-593-8226 FAX:092-572-1326
ホームページ 講習・研修会/廃棄物処理施設技術管理者講習 -JESC-
http://www.jesc.or.jp/work/training/waste/01.html