小学校教員資格認定試験 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 教育 » 小学校教員資格認定試験

小学校教員資格認定試験

小学校の先生になるための道として、広く一般から教育者に適した人材をつのるために文部科学省がおこなっている小学校教員資格認定試験。試験内容は、小学校で教える各教科の筆記試験、音楽、図工、体育の実技試験から構成されています。合格して都道府県の教育委員会に申請することで、小学校教諭の二種免許状が発行されます。

資格詳細
だれもが必ずお世話になったことがある小学校の先生たち。その多くは、大学の教職課程や短大の教育科などを修了して教員免許を得た教師ですが、その他の大学・短大の卒業者でも、小学校教員資格認定試験に合格することで、小学校教諭二種免許状を取得し、小学校の先生になることができます。広く社会人からも教育者をつのる目的で昭和48年から始まった制度ですが、現在は通信制大学などでも教員免許が取得できるため、制度の見直しがはかられており、近いうちに廃止される可能性が高まっています。

活躍場所
小学校教員の活躍場所は、もちろん小学校です。公立または私立の小学校に勤務し、満6歳から12歳の児童を対象に、学習および生活を指導します。国語や算数、理科、社会などの教科を教えるだけでなく、各種の学校行事や日々のホームルームを通じて、生徒の個性や人間性を伸ばしてゆくことも小学校教員の使命です。また、児童相手だけでなく、PTAや地域の大人たちとの連携も求められるなど、その業務はきわめて多岐にわたります。

収入
公立の小学校に勤務する教員は、地方公務員なので、それぞれの自治体がさだめる給与体系にのっとった安定収入を得ることができます。平均年収は400万から600万円ほどで、ベテランになると700万円程度にまでアップするのが一般的です。私立の場合は、学校によってまちまちですが、首都圏などの都市部では、公立よりも待遇がよい学校も少なくありません。ただし、当然ながら学校の経営状況に左右されるため、公立ほどの安定感はありません。

将来性
小学校の先生の将来における不安要素は、なんと言っても少子化ですが、現在のところは、生徒数の減少よりも現場の人手不足のほうが課題となっており、採用が減っているという状況には至っていません。それよりも、小学校教員資格認定試験という制度そのものの存続があやぶまれます。特に大きな動きがない限り、廃止されるでしょう。試験廃止後、一般の社会人が小学校の教師を目指す場合、あらためて大学で教員課程をおさめなければなりませんが、現在は通信制学校なども充実しているので、さほど大変な苦労はなさそうです。

向いている人
小学校教員にまず求められる適性は、子どもが好きであることです。児童に愛情をもって接することができなければ、まず向かないお仕事です。さまざまな子どもたちとのコミュニケーションはもちろんですが、同僚やPTA、地域の大人たちともうまくやってゆかなければならないので、社交性の高い人に適しています。義務教育の初期かつ人間形成の最中にある生徒たちを教育するという、社会的にきわめて重要な役割ですので、強い責任感も求められます。

取得方法
小学校の先生になるには、小学校教員免許状の取得が必要です。教職課程のある大学院では専修免許状、大学では一種免許状、短大では二種免許状が取得できますが、小学校教員資格認定試験で取得できるのは、短大相当の二種免許状です。免許取得後は、公立なら都道府県ごとに実施される教員採用候補者試験に合格し、採用されることで小学校の教員になることができます。私立は学校ごとに募集され、それぞれの教員採用試験を受けることになります。



小学校教員資格認定試験資格の難易度偏差値

偏差値62
難関

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 小学校教諭二種免許 取得
所轄・主催:
文部科学省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

小学校教員資格認定試験資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 就職や転職にやや有利 特になし ★★★★★ 独学 通学 通信

小学校教員資格認定試験試験概要

受験資格 ・大学(短期大学を含む)に2年以上在学し、62単位以上を修得した者および高等専門学校を卒業した者ならびにこれらの者と同等の資格を有すると認められる者
・高等学校を卒業した者その他大学(短期大学および文部科学大臣の指定する教員養成機関を含む)に入学する資格を有する者で、満20歳以上のもの
試験内容
1次試験

・一般教養科目:筆記試験(択一式)
 人文科学、社会科学、自然科学および外国語(英語)に関する事項
・教職に関する科目I:筆記試験(択一式)
 教育原理、教育心理学、特別活動、生徒指導等教職に関する専門的事項
・教職に関する科目II:筆記試験(択一式)
 小学校の各教科の指導法およびこれに付随する基礎的な教科内容
 (音楽、図画工作および体育のうち2教科以上を含む6教科を選択)

2次試験

・教科に関する科目:筆記試験(論述式)
 小学校の各教科に関する専門的事項
 (9教科のなかから1教科を選択)
・教科に関する科目III:実技試験
 音楽、図画工作および体育
 (音楽、図工、体育のうち1次で受験したものから2教科を選択)
・口述試験
 小学校教員として必要な能力等の全般に関する事項

実践試験(指導の実践に関する事項に係る試験)

・小学校教員として必要な指導の実践に関する事項
 授業観察、指導案等作成、討論など
合格率 非公開
願書受付期間 5月下旬~6月中旬
試験日程
1次試験:
8月下旬(2日間)
2次試験:
10月下旬(2日間)
実践試験:
11月中旬~下旬
受験地 宮城教育大学・東京学芸大学・横浜国立大学・静岡大学・岡山大学・熊本大学
※宮城は1次試験のみで2次以降は横浜で受験
受験料 14600円
合格発表日 12月下旬
受験申込・問合せ 試験実施大学の担当部署

東京学芸大学学務部教育企画課資格認定試験係

〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
電話042(329)7193

横浜国立大学教育人間科学部入試係

〒240-8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79-2
電話045(339)3261

静岡大学教育学部学務係

〒422-8529 静岡県静岡市駿河区大谷836
電話054(238)4579

岡山大学教育学系教務学生係

〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中3-1-1
電話086(251)7602

熊本大学教育学部事務ユニット教務担当

〒860-8555 熊本県熊本市中央区黒髪2-40-1
電話096(342)2522
ホームページ 教員資格認定試験:文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/nintei/main9_a2.htm