小型船舶操縦士免許 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » スポーツ » 小型船舶操縦士免許

小型船舶操縦士免許

小型船舶操縦士免許は、総トン数20トン未満の小型船舶を操縦することができる資格です。航行できる区域および船の大きさにより、1級、2級、特殊の3種類が用意されていますが、特殊は水上オートバイ専用です。免許の有効期間は5年で、更新講習機関で受講することで更新できます。

小型船舶操縦士免許資格の難易度偏差値

1級 2級 2級(湖川) 特殊
偏差値37 偏差値36 偏差値35 偏差値35
超簡単
超簡単
超簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ○級小型船舶操縦士免許 取得
所轄・主催:
国土交通省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

小型船舶操縦士免許資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 趣味実用 業務独占資格 ★★★★★ 独学 講習

小型船舶操縦士免許試験概要

受験資格
1級:
17歳9カ月以上
2級・2級(湖川)・特殊:
15歳9カ月以上
試験内容
1級

総トン数20トン未満、または長さ24メートル未満で用途がスポーツやレクリエーションに限られるボートの操縦が可能。
学科試験:
(140分)四肢択一
・操縦者の心得および遵守事項
・交通の方法
・運航
・上級運航I
・上級運航II
実技試験:
(約60分)
・総トン数5トン未満、長さ4メートル以上9メートル未満の滑走型船

2級

総トン数20トン未満、または長さ24メートル未満で用途がスポーツやレクリエーションに限られるボートの操縦が可能(18歳未満は5トン未満)。ただし陸岸にほぼ囲まれた水域や海岸から5海里までの海域に限られる。
学科試験:
(70分)四肢択一
・操縦者の心得および遵守事項
・交通の方法
・運航
実技試験:
(約60分)
・総トン数5トン未満、長さ4メートル以上9メートル未満の滑走型船

2級(湖川)

総トン数が5トン未満、エンジン出力が15キロワット未満の船の操縦が可能。ただし湖や川などの内水面と指定された一部の海域に限定される。
学科試験:
(30分)正誤式
・操縦者の心得および遵守事項
・交通の方法
・運航
実技試験:
(約30分)
・推進機関の出力が15kw未満、総トン数5トン未満、長さ3メートル以上9メートル未満の船外機船

特殊

水上オートバイ専用。水上オートバイの航行区域(陸から2海里)の海域に限られる。
学科試験:
(50分)四肢択一
・操縦者の心得および遵守事項
・交通の方法
・運航
実技試験:
(約30分)
・定員3名の水上オートバイ
合格率 94%(学科)
願書受付期間 試験開始期日の20日前から7日前まで
試験日程
1級・2級:
週1~2回程度
2級(湖川)・特殊:
随時
受験地 全国各地
受験料
1級

学科試験:
5900円
実技試験:
18600円

2級

学科試験:
3000円
実技試験:
18600円

2級(湖川)

学科試験:
2200円
実技試験:
14700円

特殊

学科試験:
2600円
実技試験:
16000円

身体検査:
3200円
※事前に身体検査済みで「身体検査証明書」を提出する場合は1200円
合格発表日 合格後1年以内に運輸局などに申請することで操縦免許を取得
受験申込・問合せ 一般財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会 特定事業本部
〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町2-7-19 田中保全ビル3F
TEL 03-5229-8531 FAX 03-5229-8530
ホームページ 小型船舶免許試験・更新講習機関公式サイト
http://www.jmra.or.jp/