家庭裁判所調査官補 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 採用試験 » 公務員 » 家庭裁判所調査官補

家庭裁判所調査官補

家事事件や少年事件を取り扱う家庭裁判所。そこで離婚などの家庭問題に関する審判や調定に必要な調査をおこなったり、犯罪をおかした少年の動機や生活状況を調査するのが、家庭裁判所調査官です。裁判所職員採用総合職試験(人間科学区分)を受験して採用されれば、家庭裁判所調査官補となり、およそ2年間の研修を経て家庭裁判所調査官に任官されます。やりがいのある仕事ですが、採用試験は合格率1割未満の難関です。

家庭裁判所調査官補資格の難易度偏差値

偏差値70
難関

家庭裁判所調査官補資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
採用試験 就職や転職にかなり有利 特になし ★★★ 独学 講習 通学 通信

家庭裁判所調査官補試験概要

受験資格
院卒者試験

・30歳未満で大学院修了または修了見込みの者

大卒程度試験

・21歳以上30歳未満の者
・21歳未満で大学卒業または卒業見込みの者
試験内容
1次試験

・基礎能力試験:多肢選択式
・専門試験:記述式
 ・心理学
 ・社会学
 ・社会福祉学
 ・教育学

2次試験

・専門試験:記述式
 ・臨床心理学、発達心理学、社会心理学など
 ・民法、刑法
・政策論文試験:記述式
・人物試験
 ・集団討論
 ・個別面接
合格率 9.50%
願書受付期間 4月上旬~中旬
試験日程
1次試験:
6月上旬
2次試験:
6月下旬
受験地 東京・仙台・札幌・大阪・名古屋・高松・広島・福岡・那覇

2次試験の人物試験

東京・大阪・福岡
受験料 なし
合格発表日 7月上旬
受験申込・問合せ 最高裁判所 事務総局人事局任用課 試験第二係
ホームページ 裁判所|裁判所職員採用試験
http://www.courts.go.jp/saiyo/index2.html