女子プロゴルファー - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » スポーツ » 女子プロゴルファー

女子プロゴルファー

数ある女性のプロスポーツのなかでも、ゴルフは特に注目の高い競技であり、スポンサーや優勝賞金、タレント活動など、成功者の手にする富と名声も非常に大きなものとなっています。その代わり、多くのライバルと競い合わねばなりません。プロになるためのテストは、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が実施しており、第1次、第2次、最終の3段階でおこなわれます。

資格詳細
日本のスポーツ界で、女性の活躍が目覚ましい競技といえば、フィギュアスケートやサッカー、バレーボールなど、多くの種目が思い浮かびますが、もっとも華々しい競技のひとつとして、ゴルフを挙げないわけにはゆかないでしょう。ゴルフは欧米を中心に世界中で大規模な大会が絶えずおこなわれているため、女子プロゴルファーとして国内外で成功することは莫大な富と名声を獲得することを意味しています。女子プロスポーツ界でもっとも夢のある競技と言ってもよいでしょう。

活躍場所
女子プロゴルファーは、国内外のツアーなどの大会に出場することが主な活動です。特にメジャー選手権「ANAインスピレーション」「全米女子プロゴルフ選手権」「全米女子オープン」「全英女子オープン」「エビアン選手権」で優勝することは、すべての女子プロの目標です。日本国内のメジャー大会としては、「ワールドレディスチャンピオンシップ」「日本女子プロゴルフ選手権大会」「日本女子オープンゴルフ選手権競技」「LPGAツアーチャンピオンシップ」があります。

収入と将来性
女子プロゴルファーの収入は、他のスポーツ選手と同様、ピンからキリまでです。大会の出場にかかる経費は基本的に自前なので、賞金を得られなければ赤字になることも珍しくありません。ただしスポンサーがつきやすいスポーツであるため、好成績を積み上げてゆけば、ある程度の安定した収入は確保できるでしょう。年齢などにより競技を引退しても、ティーチングプロなどとして、レッスンによる高収入を得ることができますが、それも現役時代の成績次第です。

向いている人
ゴルフは英才教育が盛んなスポーツであり、年少のころから厳しい練習をしてきた人が成功する傾向があります。子どものころからゴルフに親しんでいる人が、学生のうちから本格的にプロを目指すという流れが普通です。ゴルフは意外と体力のいる過酷なスポーツであり、一打一打がプレッシャーとの戦いでもありますので、心身ともに強靭である必要があります。また、お金のかかる競技でもあるため、プロを目指すには経済的な余裕がないと厳しいでしょう。

取得方法
ゴルファーのプロ資格は、大会を主催する団体から認定してもらうことで取得します。日本の女子の場合、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA、LPGA)がその団体にあたります。LPGAのプロテストは数段階にわたっており、第1次予選(36Hストローク)、第2次予選(36Hストローク、2ラウンドを3回)を突破後、規則テストに合格して、ようやく最終プロテストとなります。最終プロテストでは、54Hストロークプレーでスコアが20位タイまでの選手にプロ資格があたえられます。



女子プロゴルファー資格の難易度偏差値

偏差値62
難関

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 LPGAプロテスト 合格
所轄・主催:
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

女子プロゴルファー資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

女子プロゴルファー試験概要

受験資格
第1次予選

・満18歳以上の女子
・在籍5年以上のプロ会員2名の推薦を受けた者

第2次予選

・1次予選通過者および1次予選免除者

最終プロテスト

・2次予選通過者および2次予選免除者
試験内容 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)主催のプロテストに合格することでプロ認定を受けることができる。テストは、「第1次」「第2次」「最終」の3段階でおこなわれる。

第1次予選

・36ホール・ストロークプレー

第2次予選

・36ホール・ストロークプレー

最終プロテスト

・54ホール・ストロークプレー
合格率 非公開
願書受付期間
第1次:
10月上旬~11月下旬
第2次:
~4月中旬
試験日程
第1次:
3月末
第2次:
5月中旬~7月初旬
最終:
7月末
受験地 トーナメント日程の発表時に告知
受験料
第1次:
32400円
第2次:
86400円
最終:
86400円
合格発表日 各テスト終了時、順位により判定
受験申込・問合せ 一般社団法人 日本女子プロゴルフ協会
〒104-0061 東京都中央区銀座7-16-3 日鐵木挽ビル8F
TEL:03-3546-7801 FAX:03-3546-7805
ホームページ LPGAプロテスト|LPGA|日本女子プロゴルフ協会
http://www.lpga.or.jp/protest/index.aspx