天気検定 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 環境 » 天気検定

天気検定

だれもが日常的に関心を持ち続ける出来事として「天気」ほど一般的なものはないでしょう。通勤や通学、買い物、レジャーなど、外出の際には必ず天気が気になるものです。天気検定は、その天気に関する知識を深めるための民間の検定試験。初級レベルの4級からスペシャリストの1級まであり、天気図の基本や天気予報の見方から、天気と産業・文化との関わりまで、広範囲に学んで知識を身につけ、日常生活に役立てることができます。

天気検定資格の難易度偏差値

1級 2級 3級 4級 天気図
偏差値50 偏差値45 偏差値40 偏差値0 偏差値0
簡単
簡単
超簡単
判定不能
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 天気検定○級 合格
所轄・主催:
特定非営利活動法人天気検定協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

天気検定資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

天気検定試験概要

受験資格 不問
試験内容
1級:
天気スペシャリスト
(2~4級の知識を応用・発展させたあらゆる分野)
・現象の把握・考察
・社会・生活への応用
・人文科学との検証
・自論への展開

2級:
上級レベル
・気象の原理
・局地的な現象
・気候変動/気象の変化
・気象災害
・産業と経済
・生気象
・スポーツ/レジャー
・文化/芸術

3級:
中級レベル
・天気の仕組み
・観測
・気象の記録
・気象の実験
・日本の代表的な天気
・四季と生活
・観天望気

4級:
初級レベル
・空
・雲
・雨・雪
・季節と天気
・天気図の基本
・天気予報の見方

天気図作成級

・ラジオ気象通報を聞いて天気図を作成
合格率 50%(1級)
願書受付期間 4月上旬~5月中旬・10月上旬~11月中旬
試験日程 6月上旬・12月上旬
受験地 東京・大阪・広島
受験料
1級:
6000円
2級:
5000円
3級:
4000円
4級:
3000円
天気図作成級:
2000円
合格発表日 7月上旬・1月上旬
受験申込・問合せ 特定非営利活動法人 天気検定協会
〒170-0012 東京都豊島区上池袋1-29-15-204
TEL:03-6805ー1628(平日10:00~18:00)
ホームページ 天気検定協会
http://www.tenki-k.com/