資格の取り方 » 公的資格 » 建築・土木 » 圧入施工技士

圧入施工技士

建設土木の現場では、しばしば地面に杭を打ち込む必要が生じます。その際に、ドリルなどをもちいることなく、振動や騒音を発生させずに杭を地中に押し込む技術が「圧入工法」です。この技能を認定する公的資格として「圧入施工技士」があり、全国圧入協会が実施する圧入施工技能審査に合格することで取得できます。受験するためには、特別教育の経験と実務経験を有し、規定の年齢(1級26歳、2級21歳)を超えている必要があります。


圧入施工技士資格の難易度偏差値

1級 2級
偏差値37 偏差値0
超簡単
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 圧入施工技士〇級 取得
所轄・主催:
全国圧入協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2018年資格日程

願書受付
~2017年7月18日
試験日
2017年7月30日
合格発表
2017年8月下旬
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

圧入施工技士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
公的資格 専門的資格(可) 特になし ★★★★★ 独学

圧入施工技士試験概要

受験資格
1級

・杭圧入引抜機の特別教育を修了した8年以上の実務経験者(満26歳以上)
・2級取得後5年以上の実務経験者(満26歳以上)
2級

・杭圧入引抜機の特別教育を修了した3年以上の実務経験者(満21歳以上)
試験内容 ・学科試験
 ・基礎工学
 ・土質
 ・圧入の工法
 ・圧入引抜機
 ・圧入施工管理
 ・材料力学
 ・油圧
 ・安全衛生
 ほか
・実技試験
 ・モニター上のサイレントパイラーを操作する
 ・ペーパーテスト(圧入工法全般)
合格率 64.70%
願書受付期間 ~7月中旬
試験日程 7月下旬
受験地 東京・大阪・高知
受験料
1級

学科:
10000円
実技:
50000円
2級

学科:
8000円
実技:
30000円
合格発表日 8月中旬
受験申込・問合せ 全国圧入協会事務局
〒108-0075 東京都港区港南2丁目4番12号 港南YKビル9階
TEL:03-5781-9155
ホームページ 全国圧入協会 【圧入施工技能審査】
http://www.atsunyu.gr.jp/ginoShinsa/