和食検定 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 食品 » 和食検定

和食検定

世界中で広く親しまれている日本料理。和食検定は、日本の食文化を正しく理解して正しく伝えてゆくために必要な基礎知識と、和食文化の継承者に求められる専門知識および実務知識をためす検定試験です。和食に興味のある人を対象にした「基本レベル」と、実際に和食レストランなどで働いている人を対象にした「実務レベル」とに区分されており、和食ファンから接客担当者まで幅広く対応した料理とマナーの知識を習得できます。

和食検定資格の難易度偏差値

実務1級 実務2級 基本1級 基本2級
偏差値43 偏差値40 偏差値0 偏差値0
簡単
超簡単
判定不能
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 和食検定実務○級 合格
所轄・主催:
一般財団法人日本ホテル教育センター
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

和食検定資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

和食検定試験概要

受験資格
実務レベル:
基本レベル認定者
基本レベル:
不問
試験内容
実務レベル

和食の現場で部下の指導にあたる者が対象
・振舞
 ・着物の知識と振る舞い
 ・和室の知識と振る舞い
 ・和食店での接遇マナー
・伝心
 ・接遇のチェックポイント
 ・飲食店のマネジメント
 ・クレンリネスと危機管理
 ・部下の育成に向けたスキル
・和食応用英語
 ・和食店での基本的な挨拶
 ・食材や料理の説明とセールスアップ

基本レベル

和食の料理・食材やマナーに関心のある者が対象
・料理
 ・日本料理に関する歴史や概要
 ・日本料理の特徴や料理名の語源
 ・食材の知識
 ・料理名とその調理方法
 ・行事、しきたりと料理
・接遇
 ・和食店での食卓作法
 ・器、箸、日本酒、日本茶の知識
 ・異文化の食事マナー
・和食基礎英語
 ・料理や接遇に関する基本的な英語

試験は両レベルとも多肢選択方式(4択問題)
レベルごとに正解率85%以上(各項目80%以上)で1級、65%以上(各項目60%以上)で2級が認定される
合格率 36.7%(基本)
願書受付期間 7月下旬~9月下旬・11月下旬~1月下旬
試験日程 10月下旬・2月下旬
受験地 仙台・東京・名古屋・大阪
受験料
実務レベル:
8000円
基本レベル:
5000円
合格発表日 試験日から約2週間後
受験申込・問合せ 一般財団法人 日本ホテル教育センター 事業部検定事業室
〒164-0003 東京都中野区東中野 3-15-14
TEL:03-3367-5663 FAX:03-3362-5940(土日祝を除く)
ホームページ 和食検定【公式サイト】
http://www.washokukentei.jp/index.php