司法試験予備試験 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 法律 » 司法試験予備試験

司法試験予備試験

司法試験の受験には、法科大学院を修了していることが条件になっていますが、平成23年から、司法試験予備試験がスタートし、法曹界への門戸が広がりました。この予備試験に合格することで、法科大学院課程修了者と同等の学識および応用力、法律に関わる実務の基礎能力があると認められ、司法試験(新司法試験)の受験が可能となります。

司法試験予備試験資格の難易度偏差値

偏差値74
超難関

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 司法試験予備試験 合格
所轄・主催:
法務省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

司法試験予備試験資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(秀) 特になし ★★★★★ 独学 通学 通信

司法試験予備試験試験概要

受験資格 不問
試験内容
短答式試験
(択一式を含む筆記試験)
・憲法
・行政法
・民法
・商法
・民事訴訟法
・刑法
・刑事訴訟法
・一般教養科目

論文式試験

短答式試験の合格者は論文式試験を受けることができる。
・憲法
・行政法
・民法
・商法
・民事訴訟法
・刑法
・刑事訴訟法
・一般教養科目
・法律実務基礎科目

口述試験

短答式および論文式試験の合格者は口述試験を受けることができる。
法的な推論、分析および構成に基づいて弁論をする能力を有するかどうかが判定される。
・法律実務基礎科目
合格率 23.8%(短答式)
願書受付期間 1月下旬
試験日程
短答式:
5月中旬
論文式:
7月中旬
口述:
10月下旬
受験地
短答式試験

札幌またはその周辺・仙台・東京・名古屋・大阪またはその周辺・広島・福岡

論文式試験

札幌・東京・大阪・福岡

口述試験

東京またはその周辺
受験料 17500円
合格発表日 11月上旬
受験申込・問合せ 法務省大臣官房人事課 司法試験予備試験係
〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
TEL:03-3580-4111(代)
FAX:03-3592-7603
(9:30~12:00・13:00~18:00・土日祝日等を除く)
ホームページ 法務省:司法試験予備試験
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/shikaku_saiyo_index.html