古民家鑑定士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 不動産 » 古民家鑑定士

古民家鑑定士

建築分野で日本の伝統を現在に遺す「古民家」。古民家鑑定士は、築50年以上の古民家を鑑定し、評価する公的資格です。耐久性や希少性、文化的な住環境の保存などの総合的な判断基準により古民家鑑定書を発行できます。試験は「総論」「伝統構法」「在来工法」の3科目で構成され、科目ごとの合格状況により「1級」「2級伝統」「2級在来」のいずれかの級位が認定されますが、「総論」に合格しないと資格を取得することはできません。

古民家鑑定士資格の難易度偏差値

1級 2級伝統 2級在来
偏差値42 偏差値39 偏差値39
簡単
超簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 古民家鑑定士○級 合格
所轄・主催:
財団法人職業技能振興会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

古民家鑑定士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

古民家鑑定士試験概要

受験資格 20歳以上
試験内容 ・総論
・伝統構法
・在来工法

3科目すべて合格で「古民家鑑定士1級」認定
総論と伝統構法が合格で「古民家鑑定士2級伝統」認定
総論と在来工法が合格で「古民家鑑定士2級在来」認定
総論が不合格の場合、他の科目の合否に関わらず、資格は認定されない
合格率 約80%
願書受付期間 試験日の1週間前まで
試験日程 4月~2月
受験地 全国各地
受験料 9000円
合格発表日 受験月の翌月10日
受験申込・問合せ 財団法人 職業技能振興会
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-6 パレ・ジュノ3階
TEL:03-3353-9181 FAX:03-3353-9182
ホームページ 古民家鑑定士試験情報
http://www.kominkapro.org/