医師 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク


医師

大学の医学部または医科大学にて6年間、学んだあと、国家試験に合格、さらに2年以上の臨床研修を経て、医師になることができます。また、医師として働く形態には、病院や診療所などの被雇用者となる勤務医と、病院や診療所をみずから経営して診療する開業医とがあります。

資格詳細
数ある国家資格のなかでも、もっとも身近な存在が、医師でしょう。人の生命を救う尊いお仕事であり、社会的な地位が高いのはもちろん、収入の高さにおいても国家資格のなかで群を抜いています。社会に不可欠な職業であるため、需要がおとろえることもなく、将来性は安定していますが、一方で医療は法制度が頻繁に変わり、政治によって振り回されやすい分野でもあります。社会的地位や収入は安定していても、仕事の内実では常に変化を求められるお仕事です。

活躍場所
医師の主な活躍場所は、もちろん病院です。大学病院のような大きな総合病院から、いわゆる町医者に至るまで、大小さまざまな病院に勤務し、来院する患者さんの治療を主導します。若いうちは大病院に勤務して経験を積み、のちに独立開業して自分の診療所を開くというのが一般的なパターンです。こうした身近な医師たちは「臨床医」に分類されます。他方で、医師は研究者としての側面も持っており、病気の原因や治療法の研究を専門におこなう「研究医」もいます。

収入
医師の収入は、研修医で年収400万円ほど、勤務医になって1000万円以上というのが相場です。さらに独立開業すると、年収2000万円を超える人も多く出てきます。ただし開業医は、運営が軌道に乗るまで経済面でも苦労を強いられるのが常です。また、専門科によっても需要に大きな差が生じるので、経営上の有利不利があります。外科よりも内科のほうがニーズが高く、勤務医の求人や開業医の経営に影響します。ただし、いずれにしても一般的に見れば、高収入なお仕事であることに変わりはありません。

将来性
社会にとって不可欠な存在である医師は、どんな世の中になっても需要が失われることのない職業です。高齢化が進む現在では、高齢者医療のニーズも高まっていますし、将来性について不安はまずありません。しかしながら、専門科目や地域による格差も社会問題化しています。産婦人科や小児科の医師不足、過疎地や離島の医師不足は深刻です。その一方で、都市部では医療機関同士の競争が激化しています。こうした医師の偏在は、今後、政策的に解決が強いられる可能性もあります。

向いている人
医師は人の健康を左右し、生命を生かすことも殺すこともできるお仕事です。また、医師は肩書レベルでも社会的信用の高い職業ですが、医療ミスなどの不祥事がしばしば大きなニュースになるように、その信用を裏切るようなことがあってはなりません。なによりも強い責任感が求められる仕事だと言ってよいでしょう。医学は目まぐるしく進歩している分野ですので、現役医師である限り、常に新しい医療技術を学び続ける必要があります。向学心おうせいな人に向いています。

取得方法
医師は、国家試験に合格することで医師免許を取得できる国家資格です。国家試験を受験するためには、高校卒業後、大学の医学部または医科大学で6年間、学ぶ必要があります。よく知られているとおり、これら大学への入学が、そもそもの難関となっています。医師免許を取得したあとには、臨床研修を2年間、さらに実地研修を5年間以上、経なければなりません。その後、専門医試験に合格して、専門医になることができます。一人前の医師になるまでは、長く険しい道のりです。



医師資格の難易度偏差値

偏差値75
超難関

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 医師免許 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

医師資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 就職や転職にすごく有利 業務独占資格 ★★★★★ 通学

医師試験概要

受験資格 ・大学において医学の正規の課程を修めて卒業した者(3月までに卒業見込みの者を含む)
・医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療および公衆衛生に関する実地修練を経たもの(3月までに修練を終える見込みの者を含む)
・外国の医学校を卒業、または外国で医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が上記に掲げる者と同等以上の学力および技能を有し、かつ適当と認定したもの
・沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令の規定により医師法の規定による医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣が認定したもの
試験内容
試験内容

臨床上必要な医学および公衆衛生に関して、医師として具有すべき知識および技能
合格率 89.8%
願書受付期間 11月上旬~下旬
試験日程 2月上旬
受験地 北海道・宮城・東京・新潟・愛知・石川・大阪・広島・香川・福岡・熊本・沖縄
受験料 15300円
合格発表日 3月中旬
受験申込・問合せ 各地方厚生局および支局

厚生労働省 医政局医事課 試験免許室
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1丁目2番2号
TEL 03(5253)1111
ホームページ 医師国家試験の施行について|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/ishi/