医事コンピュータ技能検定 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 医療事務 » 医事コンピュータ技能検定

医事コンピュータ技能検定

医事コンピュータ技能検定試験は、平成8年に始まった試験で、医療機関に特化したコンピュータ技能を認定するものとしては日本唯一の検定試験となっています。現在は、診療報酬請求事務(レセプト)のコンピュータ化およびオンライン化をはじめとして、医療の現場においてもIT化がいちじるしく進展し、デジタルスキルに長じたエキスパートが求められるようになりました。今後ますますニーズが高まる資格試験です。

医事コンピュータ技能検定資格の難易度偏差値

準1級 2級 3級
偏差値47 偏差値40 偏差値0
簡単
超簡単
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 医事コンピュータ技能検定○級 合格
所轄・主催:
一般社団法人医療秘書教育全国協議会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

医事コンピュータ技能検定資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

医事コンピュータ技能検定試験概要

受験資格 不問
試験内容
準1級

医療事務および医事コンピュータについての専門的な知識を有し、やや複雑多岐な業務を遂行することができる。あわせてネットワークやデータベースに関する知識を有するとともにエクセルやアクセス等の表計算やデータベースソフトを使い、医事統計や医療の経営分析資料の作成および解析ができること。また簡単な疾病分類ができること。

2級

医療事務および医事コンピュータについての一般的な知識を有し、カルテおよび診療伝票を基に医事コンピュータを用いて正しいレセプトを速やかに作成することができる。

3級

医療事務および医事コンピュータについての基礎的な知識を有し、カルテおよび診療伝票を基に医事コンピュータを用いて正しいレセプトを作成することができる。

試験領域

・医療事務
・コンピュータ関連知識
・実技(オペレーション)
合格率 71.9%(3級)
願書受付期間 4月中旬~5月中旬・9月中旬~10月中旬
試験日程 6月中旬・11月中旬
受験地 土浦・水戸・江戸川区・飯田・大阪・山口・都城・那覇
受験料
準1級:
8000円
2級:
7000円
3級:
6000円
合格発表日 試験日の約1カ月半後
受験申込・問合せ 一般社団法人 医療秘書教育全国協議会
〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-7-5 滋慶ビル2F
TEL 03-5675-7077 FAX 03-5675-7078
ホームページ 医事コンピュータ技能検定試験 医療秘書教育全国協議会
http://www.medical-secretary.jp/iji/index.html