公認ホームインスペクター - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 不動産 » 公認ホームインスペクター

公認ホームインスペクター

ホームインスペクターとは、直訳すれば「家屋を検査する人」。専門的な第三者として、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスをおこないます。住宅購入時に不良物件を避けるために、あるいは自宅を売りに出す際に強力なサポートを提供する専門家です。日本ホームインスペクターズ協会が実施する試験に合格することで、公認ホームインスペクターの資格を取得できます。

公認ホームインスペクター資格の難易度偏差値

偏差値48
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 公認ホームインスペクター試験 合格
平成○年○月○日 公認ホームインスペクター認定会員 登録
所轄・主催:
日本ホームインスペクターズ協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

公認ホームインスペクター資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

公認ホームインスペクター試験概要

受験資格 不問
試験内容 筆記試験(四肢択一:マークシート方式)
・住宅に関わる建築の法規や実務範囲のガイドラインに関すること
(建築基準法、建築士法、住宅の品質確保の促進等に関する法律)
・主に木造住宅、マンションの構造部材等の名称に関すること
・住宅の給排水、衛生、空調、電気設備に関する呼称や一般的な仕様に関すること
・木造住宅、マンションの施工に関すること
・木造住宅、マンションの劣化の判断に関すること
・調査・診断方法に関すること
・マンションの管理に関すること
・報告書の作成に関すること
・一般的な住宅の売買・取引の形態や契約に関すること
・業務に関するコンプライアンス、モラル、マナーに関すること
合格率 25.7%
願書受付期間 7月中旬~9月
試験日程 11月上旬
受験地 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡
受験料 14000円
合格発表日 12月上旬
受験申込・問合せ 内閣府認証NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-24 桜丘リージェンシー201
TEL:03-5428-3420 FAX:03-6455-0022
ホームページ 公認ホームインスペクター資格試験要領 - 日本ホームインスペクターズ協会
https://www.jshi.org/industry/