健康運動実践指導者 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » スポーツ » 健康運動実践指導者

健康運動実践指導者

健康運動実践指導者は、健康づくりのための運動指導者として、みずから見本を示すことができるレベルの実技能力と、集団に対する運動指導技術に長けた人にあたえられる民間資格です。健康・体力づくり事業財団が実施する講習会に参加(9日後)してカリキュラムを修了後、認定試験に合格して登録することで取得できます。試験は、実技指導試験と筆記試験で構成されています。

健康運動実践指導者資格の難易度偏差値

偏差値42
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 健康運動実践指導者 取得
所轄・主催:
公益財団法人健康・体力づくり事業財団
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

健康運動実践指導者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

健康運動実践指導者試験概要

受験資格 ・体育系短期大学または体育専修学校(2年制)もしくはこれと同等以上の学校の卒業者(卒業見込み含む)
・3年以上運動指導に従事した経験のある者
・運動指導に関連する資格を有する者
・保健医療に関する資格を有する者
・学校教育に関する資格を有する者
試験内容 健康運動実践指導者の称号を取得するには、健康運動実践指導者養成講習会を修了して、認定試験に合格した上で登録しなければならない。

カリキュラム
・健康づくり施策概論
・運動生理学
・機能解剖とバイオメカニクス
・栄養摂取と運動
・体力の測定と評価
・健康づくりと運動プログラム
・運動指導の心理学的基礎
・健康づくり運動の実際
・運動障害と予防・救急処置
合格率 80.0%
願書受付期間
大阪:
4月中旬~5月上旬
東京:
4月中旬~5月上旬・5月下旬~6月中旬・10月上旬~下旬
宮城:
5月下旬~6月中旬
福岡:
10月上旬~下旬
試験日程
大阪:
6月下旬~8月下旬
東京:
6月下旬~8月下旬・8月中旬~10月下旬・1月中旬~3月下旬
宮城:
8月中旬~10月中旬
福岡:
1月上旬~3月中旬
※期間内の9日間
受験地 大阪・兵庫・東京・宮城・福岡
受験料
講習

124762円(税別)

認定試験

12381円(税抜)
合格発表日 講習を修了し、認定試験受験後
受験申込・問合せ 公益財団法人 健康・体力づくり事業財団 指導者養成部
〒105-0021 東京都港区東新橋2-6-10 大東京ビル7階
TEL:03-6430-9115 FAX:03-6430-9215
ホームページ 健康ネット | 健康運動指導士 健康運動実践指導者
http://www.health-net.or.jp/shikaku/index.html