介護職員初任者研修 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 介護 » 介護職員初任者研修

介護職員初任者研修

ホームヘルパー2級が2013年に廃止されたあと、それに代わるものとして導入された介護職員初任者研修。計130時間の研修を受けることで、介護職員となるために必要な知識や基本技術が習得でき、介護業界への就職を目指す人にとっては登竜門となっています。修了後には「修了評価」として1時間程度の筆記試験がおこなわれます。研修は都道府県または認定事業者によって実施されます。

資格詳細
介護職員初任者研修は、2013年4月から始まった制度で、従来の「訪問介護養成研修(ホームヘルパー)1~3級」と「介護職員基礎研修」を一元化して再出発した資格です。なかでも「ホームヘルパー2級」はホームヘルパー(訪問介護員)になるための資格としてよく利用されてきましたが、現在はこの介護職員初任者研修がホームヘルパーへの入口となっています。一元化されたおかげで、訪問介護だけでなく、施設の介護士としても働けるようになりました。

活躍場所
介護職員初任者研修の修了者は、主に訪問介護事業所や老人ホームなどの介護施設にて、介護士として勤務します。ホームヘルパーは、障害や老齢により、独力では自立した日常生活が送れなくなってしまった人のために、その自宅をたずね、生活のサポートをおこないます。食事や排泄、入浴といった人間に欠かせない身体介護のほか、掃除や洗濯、料理、買い物などの家事援助、そして身近な話し相手となって精神面をケアすることもヘルパーの大切な役割です。

収入と将来性
すでに社会問題となって久しいように、人口の高齢化が進行するとともに、孤独な老人が増えています。だれにも気づかれないまま孤独死をむかえるといった悲惨な状況も頻発するなかで、ホームヘルパーの社会的意義はきわめて高まっています。その反面、有資格者の数にくらべて実際に働いている人は少ないというシビアな現状があり、訪問介護の現場は人手を求めています。今後も介護に関する法改正は頻繁におこなわれ、介護士の待遇も改善されてゆくと予想されていますので、将来性は確実にあるお仕事です。

向いている人
介護士にもっとも求められる素質は、コミュニケーション能力です。人と話すのが好きで、お年寄りとも難なく打ち解けられるような人には最適な職業と言えます。その上で、介護にはしばしば力仕事がともないますので、体力も必要になります。とはいえ、力を使う場面は限られていますので、慣れてしまえば問題なくこなせることがほとんどです。なお、看護師などの資格を持っている人は、介護職員初任者研修の修了者と見なされるため、あらためて研修を受ける必要はありません。

取得方法
介護職員初任者研修は、各都道府県が指定する研修事業者によって実施されますので、日程や費用などの詳細は自治体および事業者により異なります。研修内容は、「職務の理解」に始まり、「介護の基本」や「老化の理解」などなど、高齢者や障害者と接するための基本的な知識や考え方、技術などで構成されており、トータルで130時間におよびます。研修後には筆記試験による修了評価も実施され、これに合格することで修了証明書が発行されます。



介護職員初任者研修資格の難易度偏差値

偏差値35
超簡単

介護職員初任者研修資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 就職や転職にやや有利 特になし ★★★★ 講習 通信

介護職員初任者研修試験概要

受験資格 不問
試験内容
研修科目

・職務の理解(6時間)
・介護における尊厳の保持・自立支援(9時間)
・介護の基本(6時間)
・介護・福祉サービスの理解と医療との連携(9時間)
・介護におけるコミュニケーション技術(6時間)
・老化の理解(6時間)
・認知症の理解(6時間)
・障害の理解(3時間)
・こころとからだのしくみと生活支援技術(75時間)
・振り返り(4時間)

修了評価

・筆記試験
合格率 非公開
願書受付期間 実施団体により異なる
試験日程 実施団体により異なる
受験地 実施団体により異なる
受験料 実施団体により異なる
合格発表日 実施団体により異なる
受験申込・問合せ 都道府県の担当課
ホームページ